お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

かまってくれる男性大募集!! 働く女性の眠れない秋の夜の過ごし方3選!

ひとりで寂しいなーなんて感じる夜、どのように過ごしていますか? 秋の夜長を寂しいまま過ごすなんて、時間を持て余しちゃう! そんなあなたのために、女性たち夜の時間の使い方をリサーチしてみました。寂しい夜のやり過ごし方の参考に、仲間たちの声を聞いてください。

ひとりで楽しむ系

・「海外ドラマのDVDを見ること。のめり込んでしまうので寂しいのも忘れてしまう。」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「録画しておいたお笑い番組を見て思いっきり笑う。」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「乙女ゲームに熱中」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「ネットサーフィン」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ひたすら呑む。」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

なるほど、ひとりで楽しむ過ごし方は幅が広いですね! そして奥も深そう。 ひとりで楽しむ方法は、ほかにも沢山あることでしょう。これは精進せねばいけませんね。

コミュニケーション!

・「メールやLINEで友だちとやりとりする。」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「仲のいい友人(男女関係なく)捕まえて、買い物やカラオケに行く」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「猫カフェ通い」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

寂しい時に、コミュニケーションをとれる相手がいるって幸せですよね。電波を通じてでも、直接会ってでも、相手が動物でも、やっぱりコミュニケーションがとれると安心します。そんな仲間や相手を作りたいものですね。

ある意味最強?

・「寝る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「ひたすら寝る。寝れば寂しさも忘れる。」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

強いですね。寝てしまえば寂しさを感じずに時間は過ぎていきますもんね! この意見、実はかなり多く見られました。新しい朝を迎えて、すべてをリスタートです!

まとめ

秋の夜長、寂しい時間の過ごし方。みなさんそれぞれに戦っているようです。寂しさに直面しているのが自分だけじゃない。同じように長い夜と戦っている仲間がいるんだと思うと、少しだけ心がほっこりしていませんか??

(ツツシミー)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数215(22歳~39歳の女性)

お役立ち情報[PR]