お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おばあちゃんありがとう! 私の「おばあちゃんの知恵袋」大公開

ファナティック

みなさん、おばあちゃんに感謝していますか? 人生において、どんな最新技術よりも時として活用できるのが先人の知恵。中でもおばあちゃんから教わった生活の知恵が、今の生活に役立っているという人も多いのではないでしょうか。そんなおばあちゃんの知恵袋で実践しているものについて、社会人の女性に聞いてみました。

料理本以上に役に立つ

・「切り干し大根を戻すときに水にお酒を少し加える」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「桃にアルミホイルを巻いて冷蔵庫に入れると長持ちする」(27歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

現代のように欲しい物があってもすぐに買いにいけない時代。畑で取れた野菜を長期間にわたって保管し、食べるためには相当の工夫が必要でした。一人暮らしの女性には、おばあちゃんの保存食レシピはとても役に立つはずです。

風邪をひいたら真っ先に

・「風邪をひいたら、ネギをたくさん食べる」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「かぜをひいたときに、焼いた梅干しと刻んだネギをお湯にいれて飲む。のどがいたいとき(口内炎なども)はちみつをお湯にとかして飲む塗る」(23歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

昔は抗生物質を簡単に手に入れることができず、殺菌作用のある食べ物で風邪の症状をしのいでいました。現代でも仕事が忙しくてすぐに病院に行けないことは多々あります。家にいながら実践できる風邪の治療法です。

洗剤よりもきれいになる!?

・「お酢とか重曹を掃除に使います。油汚れがおちやすいです」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「伝線したストッキングを掃除に使う」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

さまざまな種類の洗剤を揃え、用途によって使い分けすることが当たり前の現代ですが、実はお掃除もおばあちゃんの知恵を使えばもっとシンプルで経済的に行うことができます。もしかしたら洗剤以上の効果を発揮するかもしれません。

日常のトラブルもすぐさま解決

・「ささくれが刺さったときは、五円玉で抑えてピンセットでとる」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「せっけんについた髪の毛は太ももでこすると取れる」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

日常のちょっとしたトラブルも、おばあちゃんの手にかかれば、とても簡単な方法で解決します。長年生きてきたからこそ発見できた、目からうろこの生活の知恵です。

幼少期をおばあちゃんと一緒に過ごした人はラッキーです。おばあちゃんから教えられて、自分では当たり前だと思ってやっていたことも、周りのみんなは知らないかもしれません。モノや交通手段が発達していない時代を生きた人々は、もしかしたら現代以上に合理的な生活を送っていたのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE