お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どこまで許される? 男子に聞いた「かわいいわがまま」と「ウザいわがまま」のちがい

ファナティック

好きな人の前では、変に気を使わずそのままの自分を見てほしいという気持ちが出てきますよね。でもあまりに自分本位すぎるとただのわがままだと思われることも。では男性から見た「かわいいわがまま」と「ウザいわがまま」には何かちがいがあるのでしょうか? 気になる男性意見を聞いてみました。

■ちょっと甘えるのはかわいい

・「かわいいわがままは、電話で話しているときに『もう少し話していたい』というわがまま」(27歳/情報・IT/技術職)

・「かわいいのは『あれがほしいな~っ』とかそんなに高くないものをねだる」(31歳/食品・飲料/技術職)

彼女のちょっとした甘えなら、男性もかわいいわがままだと思ってくれるようです。こんなかわいいお願いをされると、逆に男性は「彼女に好かれているんだ」と実感できるのかも。

■すぐに叶えられるか否か

・「かわいいものはすぐに叶えられるもの」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「『ふたが開かない』などはかわいいわがまま」(28歳/情報・IT/技術職)

すぐに叶えてあげられるちょっとしたわがままなら男性の許容範囲なんだとか。くれぐれも「さっさとやってよ!」など相手を責め立ててはいけません。

■相手のことを考えないわがままはダメ!

・「ウザいわがままは、生意気に命令するやつ」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「自分の主張ばかりするのはウザいわがまま」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分のことを考えてくれているのと自己中心的な考え方のちがい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

命令口調だったり、自分のことばかりだったり……。思いやりのないわがままはNGだという男性意見が多数。自分の願望ばかり主張していると、彼も離れて行ってしまうかもしれません。

相手を困らせるわがままを言って、彼のやさしさに甘え続けるのはNG。お互いに相手のことを思いやりながら、ちょっとしたスパイス程度のわがままで甘えてみるのがいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数112件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]