お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

器小さすぎでしょ! 女子が密告する「セコイ男子の言動」8選

ファナティック

お金に対して堅実なのとセコイのはちがいます。周囲も不快になるような究極の節約「セコ」を実践している男性は、女性からの非難など気にしていないのです。そんなセコイ男性と遭遇してしまったエピソードを社会人の女性に聞いてみました。

■頭の中が電卓

・「1円単位で割り勘する人やクーポンを使う人。支払いのときにスマホでクーポンの画面をいちいち検索して待たされて『はぁ……』となる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「いちいち金額を気にしながら飲食する。食べる気も飲む気もなくなります」(36歳/情報・IT/事務系専門職)

精密機器のようにしっかりと一円単位まで間違うことなく計算して請求する男性はどう考えてもセコイ人。外食は基本的に出費ありきでするものなのに、そんなに金額が気になるなら家でご飯を食べればいいじゃん!と言いたくなります。

■おばちゃん的行動

・「残った食べ物を持って帰ろうとした人」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「お土産屋さんなどで試食しまくる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

残食を持って帰るのは衛生面から見ても決していいことではありません。出されたものはその場で食べるのが基本です。また、「タダ」という言葉に弱いのもセコイ人の特徴。無料の試食などは常識の範囲内で、購入を検討するもののみにしておきましょう。

■不当に収益を得ようとする

・「ざっくりの金額を全員から回収して、少し利益を出そうとする」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「とにかく割り勘だからといってお酒をすごいピッチで飲んでいる人。お話しする口よりも食べる口がよく動いていた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分さえよければいいという自分勝手な発想がこのような行動に駆り立てます。総額以上の金額を回収する必要はありませんし、自分が今日は多く飲んでしまったと感じたら少し多めに払うくらいの余裕がほしいですね。

■支払わない

・「支払いのときに必ずトイレに行く」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「最後までいなくて帰ってしまう」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

これはもう飲み会や食事に誘う価値さえありません。みんなで楽しんだ分はみんなで支払うのが鉄則です。また途中で退席する場合は、おおよそでも1人分の金額を置いてから店を出ていってほしいものです。

こんなセコイ男性は、そのときはいい思いをしていても最終的にはみんなに嫌われます。節約して何が悪いと言われそうですが、節約とセコいとは、ちがいます。お金を払うべき行動をとっているのに払わないのは、セコさと同時にその人のモラルにも疑問を感じます。金は無駄なく気持ちよく使うように心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答件数115件(30歳~39歳の未婚女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE