お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

え、また買ったの? 男性の我慢の限界を超えた「彼女の金銭感覚」7

ファナティック

男女の付き合いや結婚において、金銭感覚の一致は重要な条件です。あまりにも自分とかけ離れた金銭感覚の持ち主だと、「付き合いきれないな……」と思ってしまうことも。今回は、社会人男性のみなさんに「我慢の限界だと思った彼女の金銭感覚」について教えてもらいました。

お金がなくても買う

・「ほしいと思ったらお金がなくてもすぐに洋服を買ってしまう女性がいて、金銭感覚がまったくちがったので、無理だと思った」(33歳/電機/技術職)

・「気に入ったら、値段を気にせず買う」(28歳/情報・IT/技術職)

計画性のない買い物の仕方に我慢の限界を感じる、という意見が寄せられました。物欲を抑えきれず、月々の収支のバランスなどを無視してほしいものをポンポン買ってしまう姿を見てしまっては、この人との未来は考えられないなと思っても無理はありません。

使わないものも買う

・「どんどん新しいものを買うだけ買って使わない。使わないなら買わなければいいのに……と思うけど、買うこと自体を楽しんでいるようでそれはできないと言われた。この金銭感覚は自分には無理」(32歳/情報・IT/技術職)

・「ショッピングモールで何軒もハシゴして、衝動買い」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「買っても絶対使わないでしょ!」と思ってしまうくらいどんどん新しく何かを購入する姿を見てゲンナリしてしまっている男性もいるよう。何のために買うかなんて考えもせず、買うこと自体が目的となってしまっているのは、よくないですよね。

新商品・ブランド品をどんどん買う

・「必要を超えると思われる、ブランド品の買い漁り」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「新しい商品が出るたびに買いかえられると我慢できないと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

ブランド品や新商品を持つこと自体を否定しているわけではなく、必要以上に購入することに対して疑問を持つ男性も。なんでも“ほどほど”がベストです。

モノの相場を気にしない

・「値札を見ずに、モノを買うような人は無理です」(35歳/通信/事務系専門職)

何かを購入する前に、自分のお財布と相談……なんてことはせず、どんどん買い物かごに入れていく。そんな姿を見てしまったら、「うわぁ」と思われてしまうのは仕方がないかも。

全体的に、計画性のない買い物をしている人や、お金を湯水のように使ってしまう女性を見て「ないな」と思う男性が多いみたいですね。自分では気がつかないうちに彼にドン引きされてしまっている可能性もあるので、今一度自分のお金の使い方を振り返ってみては?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数108件。22歳~34歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE