お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

合コンやデートで、女性にはお酌をしてほしいもの?⇒「いいえ 62.6%」

ファナティック

仕事が絡んだ飲みの席では、上司や取引先にお酒をつぐものですよね。でも、フラットな関係の場合、どうしたらいいのでしょう。最近は、女性が男性にお酒をつぐ光景も少なくなってきたような気がするのですが……。男性はどう思っているのか、聞いてみました。

Q.デートや合コンなどで、女性にお酒をついでほしいですか?

「はい」……37.4%
「いいえ」……62.6%

男性読者に質問したところ、約4割の男性が望んでいるという結果に。その理由とは?

<「はい」派の意見>

■男性でよかった!

・「お酒をついでもらえるのは男として魅力的なシチュエーション」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「酒をつがれたほうが、悪い気はしない」(28歳/情報・IT/技術職)

男性だから女性にサービスしてもらえるという、レディーファーストと同じような感覚があるのかもしれませんね。される側としてはうれしいことですが、する側のことも考えたほうがよさそうです。

■気分が高揚する

・「お酒がおいしくなる」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「おもてなし感がいい」(27歳/情報・IT/営業職)

手酌は味気ないときがありますし、接客業に就いているのも女性が多い印象です。どうせなら女性についでもらったほうがうれしい気持ちはあるでしょうね。

■高評価をしたくなる

・「気配りができる女性だと思ってしまう」(33歳/情報・IT/技術職)

・「別に常にそうしろとは言わないが、やってくれるとポイントが上がる」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分からお酒をつぐことに抵抗を感じない女性がいたら、それはそれで大切にされるべき女性なのかもしれませんね。

<「いいえ」派の意見>

■前時代的だから

・「威張ってるみたいでいやだから」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「女性についでもらうとかいつの時代?」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

女性にお酌をしてもらう男性のイメージが肌に合わない人もいるようです。確かに古くさいかも。

■つがれると困る

・「あまり飲めないから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「自分のペースがあるから」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

お酒=男性のイメージも古くなってきています。苦手な人にもどんどんつぐようでは気配りともいえませんよね。

■気遣い不要!

・「わざわざお酒をつぐくらいまではしてもらわなくても気にしないし、気を使わせてしまうのは申し訳ない」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「仲良く飲みたいから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

慌ててしまって、申し訳なさそうに男性にお酒をつぐ女性はいたたまれませんよね。プライベートですし、楽しさを優先しましょう!

女性のお酌について見てきました。年代にもよりますが、お酒離れも手伝ってか今どきの男性は特にお酒をついでほしいと思わないようです。お酒の席での参考にしていただければと思います!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]