お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

こんな“かまってちゃん”は嫌だ! 「どう考えてものろけでしょ!」と思う、SNSのウザ~い投稿

ファナティック

SNSにはさまざまな投稿があふれていますが、思わず「リア充アピールしすぎじゃない!?」と思ってしまうようなのろけ話や写真をアップしている人ってけっこういますよね。「はいはい!」とスルーできるようなものもあれば、「どう考えてものろけでしょ!?」と文句を言いたくなるようなウザ~い投稿も……。そこで今回は、そんなウザいのろけ投稿について、働く女性たちにエピソードを聞いてみました。

■デートの報告なんていらないよ!

・「彼氏といったお店の写真を載せまくる」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「毎回デートの写真を掲載する。デート自慢のアピール」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「デートの詳細を逐一報告」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「○○へ出かけてご飯! と写真が2人分。『彼氏とデート?』のコメント待ちっぽくてどうなの……と思ってしまった」(32歳/不動産/専門職)

彼氏とのデートが楽しいのはわかりますが、それがいちいち自慢げだったり、「質問して!」と思わせぶりな書き方だったりすると、ちょっとイラッとしてしまいますよね……。かまってちゃんはやはり嫌われがちです。

■作った料理は“彼氏のため”

・「彼氏のために料理を作ったという、女子力アピール投稿」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「旦那さんにこの料理を振る舞いましたという料理の写真は、自分の料理上手アピールと家庭円満をアピールしてきてウザい」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

ただ「こんなの作ったよ!」と気合の入った料理の写真をアップするだけならいいですが、それが「彼のために」とつくとなんだかカチンときてしまうのもわかります。立て続けにあると、「はいはい、報告はいらないから」と言いたくなることもありますよね。

■直球ののろけ!

・「『あんなカッコいいのに、なんで私と付き合ってるんだろう』というつぶやき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「文句を書きつつ、最後はそういうところも好きと締めくくる感じ」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ケンカした話や仲直りした話を事細かく書いてあること。何の目的でこんなことを書くのか不明だし、ウザい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ケンカしたけど謝ってきてくれて愛が深まったという話」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

これぞまさしく聞く人があきれるのろけ!! という投稿を本人は自覚せずにしていることも……。そんなのろけを友人知人に見られて、ドン引きされているとは考えもしないのかも。計算でやっていたとしたら、それも怖いですが……。

女性たちの少々辛辣な本音の数々は、いかがでしたか? 読んでいて「私、これやっているかも……」と思う人もいれば、「わかるー!!」と力強く頷いた人もいることでしょう。もし、思い当たる節がある人は要注意です。もしかしたら、そんなのろけ投稿を見て、スッと距離を置いている友人知人がいるかもしれません。SNSに投稿する際は、ぜひ慎重に!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数169件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]