お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

男子に聞いた! オイタがすぎて、史上最強に親に怒られたエピソード「妹を殴った時」「点数を改ざん」

ファナティック

しつけ男の子って、いくつになっても同世代の女の子よりも、落ち着きがなくやんちゃなもの。 「あーあ、またバカやってる……」とあきれてしまったことも多いことでしょう。そんな男の子たちの行動、まわりはあきれる程度ですが、親御さんはそうはいきません。そこで今回は、世の男性たちに、今まで一番親に怒られたときのエピソードについて聞いてみました。

■お勉強ができなくて……

・「成績が悪かったときにキレられた」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「高校時代、受験前に遊んでいたら勉強しろと怒られた」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「試験に落ちたとき」(28歳/建設・土木/営業職)

・「中学校のときにテストの点数を改ざんしたのが親にバレたとき。点数が悪いのはまだしも、改ざんするのはもってのほかとこっぴどく怒られた」(29歳/不動産/その他)

テスト前、必死に勉強している人の横で、漫画を読んだり、くだらない話でゲラゲラ笑っているような男の子っていましたよね。「テスト、大丈夫なのかな……」と人ごとながら、ちょっと心配に思った人もいるはず。大丈夫じゃない結果を出せば、当然親御さんは叱ります。

■遊び過ぎて……

・「実家暮らしだったときに3日間、友人とその場の勢いで黙って旅行に行ったとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「一日、家に帰らなかったときに、怒られました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「門限を破って叱られた」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自宅に帰ってくるのがかなり遅かったとき」(31歳/情報・IT/技術職)

門限というと、男の子は関係ないように感じますが、未成年であればそこはきちんと線引きがあります。しかし、その時間をきちんと守らないのがまた男の子の特徴というか、特性なんですよね……。

■兄弟とケンカをして……

・「妹の頭を殴って、泣かせたとき」(30歳/ソフトウェア/技術職)

・「お風呂でお兄ちゃんに歯向かうのはやめなさい、と諭された」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「弟と激しくケンカしたとき」(38歳/通信/技術職)

女の子でも口より手が出る人もいますが、男の子は口という選択肢抜きでいきなり手が出て、大げんかになることがしょっちゅう。特に兄弟とのケンカは加減なしでやってしまうんですよね……。親御さんが怒るのも当然でしょう。

女の子よりも、やんちゃで「どうして?」という行動をとりやすい男の子たち。親御さんの頭をさぞや痛めたことでしょう。今、澄まして大人な雰囲気を醸している素敵な彼も、そんなことを過去にして、親にこっぴどく怒られているかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数120件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]