お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あれ? 今、私ディスられてる!? ジワジワくる女友だちの心なき言葉9選「意外に彼氏いるんだね」……

ファナティック

ディすられた一見、褒め言葉のように思えるけれど、よくよく考えてみると、「あれ? 私、いまディスられてる!?」と不安になった経験はありませんか? はっきりと面と向かって悪口を言われたワケではないので、反論するのもちがうし、なんとなくモヤモヤした気持ちが残るのは嫌ですよね。今回は、そんな複雑な思いをしたという、女性のみなさんに、「友だちにディスられたこと」を教えてもらいました。

■それ、褒めてるつもり?

・「○○ちゃんは“顔というより”、肌がきれいだから、モテるんだね」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「“意外に”女子力高いよね。と言われた。見た目が女性らしくないってこと?」(24歳/食品・飲料/専門職)

「肌きれいだね」「女子力高いね」これだけだったら、純粋に喜べますが、余計なひと言が付いているせいで、かえって気分を害することってありますよね。なぜ人は、素直に相手を褒めることができないのでしょうか……。そこには女性ならではの嫉妬心があるのかもしれないですね。

■気にしていることを、ずけずけと……

・「『いいじゃん、自分のほしいものがすぐに買えるから』。これって結婚してないからダンナさんの許可とか誰かの許可ないから、自由でいいね。って言ってるでしょと思う。/一人は暇人だと思われている。だから土日の仕事をよく頼まれる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼氏とかいるんですか? そんなに働いてたら、会えなくないですか?」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

独り身であることを、誰よりも気にしているのは自分なのに、それを「自由でいいね」とか「仕事第一ですね」とか、余計な言葉を使って突っついてほしくないんです。結局は自分のほうが相手がいて幸せだよ、と自慢したいだけなのかも。もしくは、本当に悪気がない、ド天然さん!?

■「意外に」は余計だよ!

・「意外にずっと彼氏いるんだね!」(27歳/電機/事務系専門職)

・「意外と運動神経いいね」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「意外と体重ないんだね」(28歳/学校・教育関連/専門職)

お願い! フツーに褒めてよ! 私に彼氏がいるのがそんなに不思議ですか? 「意外に」の使い方は慎重のお願いします(笑) 「意外に彼氏がいないんだね」こっちのほうが、よっぽど気分がいいと思いますが、いかがですか?

■ん? ケンカ売られてる?

・「悩みなさそうでいいよね、と言われたこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「スタイルいいよね、くびれはあるし横から見たら薄いし」(28歳/その他/その他)

女の「いいよね」なんてあてになりません。本当にいいと思ったものには「いい」とは言わないのが女なのです。「○○で羨ましい」も言い方ひとつで、ただの嫌味に大変身。相手を上げるフリしてディスる、上級者のテクニックです。

日常の何気ない会話をしている中で繰り広げられる、女性同士のディスり合いほど醜いものはありません。人をディスって自己顕示欲を満たそうとしても、結局は虚しさが残るだけ。自分と同じ位置から他人を突き落とすよりも、他人と助け合いながら上に行く努力をしている人のほうが誰の目から見てもずっと魅力的に映るでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数214件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]