お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

カリッ! サクッ! 注目の輸入スイーツ、タフィーで口の中が幸せいっぱい

さとうまほ/Pistachio

昨年原宿に出店したタフィー専門店、「アンタッチャブル タフィー」が、女性を中心に視線を集めている様子。キュートでフォトジェニックな見た目から、ツイッターをはじめとするSNSでも多く取り上げられています。今年ブルックリンの大人気タフィー「ソルティーロード」も日本上陸を果たしたことで、その人気はさらに過熱しそう。一口食べればとろけるような甘さに、夢中になってしまうかも!?

タフィーってどんな食べ物?

アメリカでは「ホームメイドスイーツ」と呼ばれるほど、家庭でなじみの深いタフィー。バターと砂糖を溶かして作られる、キャラメルに似た印象のお菓子です。プレーンタイプはもちろん、ナッツやレーズンを混ぜたりと、その味わいはさまざま。柔らかいものから固いものまで、作り方によって変わる食感も人気の理由なのだそう。日本ではまだ目新しいものの、本場アメリカではファンの多い定番スイーツなんです。

日本人向けのアレンジがうれしい! 「アンタッチャブル タフィー」

「アンタッチャブル タフィー」は、アメリカ生まれのタフィー専門店。「一度口に運ぶとクセになる」 との意味を込めて名付けられたとのこと。タフィー職人クリス・キンダランドさんのレシピを基に、厳選された素材で作られるタフィーはまさに絶品! 日本に初上陸を果たしてから、そのおいしさに次々とファンを増やしているのだとか。

そのおいしさはまさにアンタッチャブル!

そのおいしさはまさにアンタッチャブル!

カリカリとした食感がやみつきのタフィーだけど、実は柔らかいタイプが主流。クッキーとキャラメルを足して2で割ったような、不思議な口当たりはアンタッチャブル タフィーのオリジナルなのだとか。また海外スイーツでは気になる甘さも、控えめになっている様子。一味ちがうアンタッチャブル タフィーだけの味わい、試しておかない手はありません!

おすすめ商品

ナッツの香ばしさが引き立つ定番の「プレーンタフィー」

ナッツの香ばしさが引き立つ定番の「プレーンタフィー」

一番人気の「ダークチョコタフィー」。カカオ濃度の高い、こだわりのオーガニックチョコレートを使用。

一番人気の「ダークチョコタフィー」。カカオ濃度の高い、こだわりのオーガニックチョコレートを使用。

ホワイトチョコのクリーミーな甘さが女性に人気の「ホワイトチョコタフィー」

ホワイトチョコのクリーミーな甘さが女性に人気の「ホワイトチョコタフィー」

夏の注目商品「タフィードリンク」。細かく砕いたタフィーをホイップの上からトッピング。エスプレッソの苦みとタフィーの甘さが絶妙のコンビネーション。

夏の注目商品「タフィードリンク」。細かく砕いたタフィーをホイップの上からトッピング。エスプレッソの苦みとタフィーの甘さが絶妙のコンビネーション。

スモール680円 、ミディアム980円 、ラージ1280円の3種類のサイズにて販売。お好きなフレーバーを組み合わせてギフトにするのもかわいいですね!

アンタッチャブル タフィー 原宿店
東京都渋谷区神宮前4-26-5
03-6804-6954
営業時間 11:00~20:00

ブルックリンで一番人気! ナチュラルタフィーの 「ソルティーロード」

ブルックリンの小さなファクトリーからスタートし、今では全米で大人気となったタフィーブランド「ソルティーロード」も、日本に初上陸。香料や着色料を使わずに仕上げたタフィーは、オーガニックそのもの! そのこだわり抜いた製法と豊かな風味から、「ナチュラルタフィー」と呼ばれ話題に。バニラビーンズをはじめ、バニラパウダーやフルーツピューレなど、細部まで厳選された素材を使用しているのもポイントです。現在「George?s」をはじめ、全国のセレクトショップや通販サイトより入手可能です。

全8種のレトロポップなパッケージがかわいい! 各1550 円(税抜)

全8種のレトロポップなパッケージがかわいい! 各1550 円(税抜)

ほかのブランドと異なり、フレーク状のソルトを隠し味にしていることが大きな特徴。柔らかくクリーミーになるまで練り上げた生地に、独自の食感と塩気が加わりました。なめらかな舌ざわりとカリッとした塩が、絶妙のコントラスト。ほかではなかなか味わえません!

販売当初から根強い人気の「シーソルトキャラメル」。程よい甘さと塩気に、キャラメルのほろ苦さが加わりました(左) / ピーナッツバターの香ばしさと、バニラの香りがやみつきになる「ソルティーピーナッツ」(右)

販売当初から根強い人気の「シーソルトキャラメル」。程よい甘さと塩気に、キャラメルのほろ苦さが加わりました(左) / ピーナッツバターの香ばしさと、バニラの香りがやみつきになる「ソルティーピーナッツ」(右)

一番ベーシックな「バニラ」。ミルクシェイクを思わせる濃厚さが特徴(左) / シトラスの香りが効いた「ベルガモット」は、紅茶好きにはたまらない一品。ほかのキャンディーメーカーにはない、ソルティータフィーだけのフレーバー(右)

一番ベーシックな「バニラ」。ミルクシェイクを思わせる濃厚さが特徴(左) / シトラスの香りが効いた「ベルガモット」は、紅茶好きにはたまらない一品。ほかのキャンディーメーカーにはない、ソルティータフィーだけのフレーバー(右)

 

「ペパーミント」は眠気覚ましや、リフレッシュしたいときにセレクト。消化を助ける働きもあるため、食後にもおすすめです(左) / 塩気の効いたマンゴーラッシーそのままのフルーティーな「ソルティーマンゴーラッシー」(右)

「ペパーミント」は眠気覚ましや、リフレッシュしたいときにセレクト。消化を助ける働きもあるため、食後にもおすすめです(左) / 塩気の効いたマンゴーラッシーそのままのフルーティーな「ソルティーマンゴーラッシー」(右)

 

季節限定の「ソルティーキャラメルアップル」。シナモンやナツメグなどのスパイスに、アップルサイダーゼリーや薬用酒「アンゴスチェラビターズ」をブレンド。ほんのり感じる苦みが隠し味! (左) / 可愛らしいピンク色の「サワーチェリー」。ソルトタフィーと甘酸っぱいサワーチェリーは、コンビネーション抜群。(右)

季節限定の「ソルティーキャラメルアップル」。シナモンやナツメグなどのスパイスに、アップルサイダーゼリーや薬用酒「アンゴスチェラビターズ」をブレンド。ほんのり感じる苦みが隠し味! (左) / 可愛らしいピンク色の「サワーチェリー」。ソルトタフィーと甘酸っぱいサワーチェリーは、コンビネーション抜群。(右)

 

(さとうまほ/Pistachio)

さとうまほ/Pistachio

クリエイティブユニット・Pistachioに所属。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、一般企業に勤務。紆余曲折を経ながらも文筆業への夢を諦めきれずライター業に挑戦、今に至る。現在はファッション、フードなど女子にうれしい分野をメインに執筆。分野にこだわらないオールマイティーなライター目指して、趣味のお酒に溺れながら日々奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE