お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

先輩ママに聞く! 地雷「ママ友」の見分け方5選「誰にでもいい顔」「ブランドモノを身につけて運動会」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

地雷「ママ友」の見分け方最近よく聞く「地雷女子」とは、自分の話か他人の悪口しか言わない「かまってちゃん」で、感情の起伏が激しいのが特徴といわれています。当然、ママコミュニティの中にも地雷ママはいるわけで……。そんな要注意ママの見分け方について、働く先輩ママたちに聞きました。

まずはリサーチ

・「まわりのうわさをリサーチしておく」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ほかのママ友から情報収集したり、他の人への対応を観察して見分ける」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「その人のまわりのママをみて危なそうな人を察知する」(27歳/医療・福祉/専門職)

見分ける第一歩は、ママネットワークを駆使して、地雷ママ友のリサーチをすること。また、そのママ友の周辺までも、よく観察します。ただ、人づてに聞いた話はどこまでが真実かわかりません。すべてをうのみにせず、自分の目で確かめることも必要です。

裏表がありそう

・「誰にでもいい顔」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「いつも笑顔な人ほど闇をかかえてそう」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「向こうからやたらいい顔をして近づいてくる人にはたいてい注意した方がいい」(32歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「とにかく愛想のいい人。陰で悪口を言われているかもしれないので要注意」(24歳/食品・飲料/専門職)

いつでも誰にでも愛想がいい人は、好感度が高いのかと思いきや……。「何か裏がありそう」と思われてしまうのですね。気を付けなければ! 友だちになりたいと思ったママに近づくときは、作り笑顔ではなく、自然体で接することが大切なのかもしれません。

子どもへの接し方がポイント

・「子どもを溺愛してる人はモンスターペアレントの可能性大」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「子どもへの言葉遣いが粗雑で乱暴なタイプ」(26歳/食品・飲料/技術職)
・「子どもを自慢しすぎる」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「人の子どもが着ている服に対して悪口を言う」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「いつも子どもや人のせいにしているママさんはちょっと怪しい」(30歳/医療・福祉/専門職)

自分の子どもや他人の子どもに対する接し方で見分ける方法も。わが子をかわいがりすぎても、乱暴な言葉を投げかけてもダメ。何事もほどほどがいいようです。自慢話や他人の悪口は、適当に聞き流しておくに限ります。

ウワサ話が大好物

・「うわさ話が好き」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「秘密を守れない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「いきなりズケズケ聞いてくる人」(28歳/その他)
・「カーストの順位づけしようとする人」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「頼みごとが多いママは、要注意。習い事の度に車に乗せてとか、アッシーじゃないから…」(32歳/その他)

ウワサ話が大好きで、他人の秘密をすぐにしゃべってしまう人は要注意。自分のウワサも、どこかで流されているかもしれません。また、やたらと比較したがったり、自慢話が多い人にも気を付けて。自分の話と悪口が中心の地雷女子の特徴とも一致しますね。

見栄を張りたがる

・「見栄っ張りな雰囲気」(31歳/学校・教育関連/技術職)
・「プライドが高そう」(29歳/自動車関連/技術職)
・「おしゃれにものすごく気を使っている」(31歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)
・「バックが高級ブランド」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「ブランドモノを身につけて運動会」(33歳/その他)

見た目や雰囲気で分類すると、ブランド品を身に付けて、プライドが高そうなタイプのようです。夫の年収や勤務先などの話をしたがる人、他人の持ち物をチェックしている人なども、この手のタイプかもしれません。

地雷ママ友の特徴が、なんとなくつかめたでしょうか。一般的な地雷女子にプラスして、子どもや夫などの要素がからんできますから、より複雑で面倒そうですね。逆に、自分も知らず知らずのうちに地雷をつかまないよう、気を付けなければ! 新米ママやママ予備軍のみなさん、地雷ママ友を見抜いて上手にかわしましょう。

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数111件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

肉好きの草食系ライター。痩せの大食いで何でも食べるが、辛い物は苦手。

この著者の記事一覧 

SHARE