お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

時短系? 腹持ち系? 働く女性の「こだわりの朝食メニュー」3選

ファナティック

朝食は一日のはじまり。出勤時間のギリギリまで寝ていて朝食を食べそびれると、中途半端な時間におなかが空いて間食してしまったり、ランチをドカ食いしてしまうこともありますよね。だからこそ朝食は大切! 今回は、女性たちに「普段の朝食メニュー」を聞いてみました。

■腹持ちのいい和食系

・「ごはん、納豆、味噌汁、温野菜。バランスのいい食事を心がけています」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「ごはん、味噌汁、おかず2品、みかん。味噌汁は、味噌玉を作って20個常備して時短を目指している」(30歳/小売店/その他)

・「シャケごはんや、卵のココット、卵ごはん。ほうれん草の卵とじ。おなかにたまりエネルギーとなるごはんはなるべくとる。良質なタンパク質の卵や魚をおかずにする。野菜は冷凍ほうれん草を使うとパパッとできる」(26歳/電機/事務系専門職)

腹持ちのよさと栄養バランスのとりやすさを考えて朝食は和食でという女性は多いようですね。支度に時間がかかりそうな和食も下茹でした野菜を冷凍しておいたり、だし入りの味噌玉を作っておけば時短もラクラク。ランチまで十分におなかが満たされて、栄養バランス満点の和朝食、どれもおいしそうですよね。

■お手軽系

・「シリアル・ドライフルーツ・ヨーグルト・バナナ。簡単でおいしいし準備が楽でヘルシーだから」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「プリンやヨーグルトなどのデザート、もしくはパン。ギリギリまで寝ていたいが、まったく何も食べないのも嫌なので、準備もいらずパパッと食べられるものにしている」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「常温の水とバナナ1本。いつも時間がなくてばたばたしているので、すぐ食べられるものにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「フルーツとチーズを食べます。朝は食欲がないので、ビタミン・ミネラルとたんぱく質を手軽に摂取できるように工夫しています」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

朝はあまり食欲がなかったり、時間がなかったりで手間のかかる朝食は作れないものの朝食の大切さはわかっているので、手軽に栄養が取れるものをと考えている女性も。ミルクを掛けるだけのシリアルやエネルギー補給に効果的なバナナなど、準備も後片付けも簡単な朝食だったら遅刻しそうな朝もしっかりおなかを満たせそうです。

■パンがメインの洋食系

・「パンとベーコンエッグとヨーグルトとリンゴとコーヒー。コーヒーは毎朝挽いてパンはホームベーカリー、ベーコンとヨーグルトにいれるフルーツソースは自家製」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「サラダ、牛乳、パン。サラダを食べて血糖値上昇を抑える」(23歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「焼いた食パンにベーコン付きの半熟目玉焼きをのせる。イメージはラピュタパン豪華版」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「豆乳一杯と、季節のフルーツ、ギリシャヨーグルト。おなかが空いていたらパンかグラノーラ。フルーツは朝摂ったほうがいいかなーって思って。ヨーグルトは好きだから。朝だからそこまで制限しない、簡単に食べられるものを」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

朝からごはんはちょっと重いという人や洋食系のおかずが好きな人はメインがパン。自宅で手作りパンを作るというこだわりを持っている人もいますが、ただのトーストでも目玉焼きを乗せたり、いろいろなジャムをそろえて置いたりすれば目先が変わって楽しめそう。コーヒーや紅茶の香りって、朝からテンション上がりますよね。

美を意識した朝食の多くは、見るからに栄養バランスばっちりで目でも舌でも楽しめそうなものばかり。前日の夜のおかずを使いまわしたり、冷凍のストックを活用すれば朝でも品数のそろった満足できる朝食が準備できるのかも。出かける前にバタバタしているとその日は1日中調子が出ないという人も、朝食をしっかり食べると1日のリズムも整って、仕事への集中力も増すもの。体にもよくて、仕事の効率もアップしてくれる。そんな朝食生活、はじめてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE