お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見下されている!? 格下扱いされていると感じた女友だちの言動5選「プレゼントが安物」「あんたと呼ぶ」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

格下扱いされていると感じた女友だちの言動「マウンティング」だの「カースト」だの、身近な仲間同士で格付けし合うイヤな世の中。女友だち同士の会話で、なんとなくモヤモヤとした気持ちにされることがありませんか? それはもしかしたら、相手が上から目線だからかも!? そこで今回は、格下扱いされていると感じた女友だちの言動について、働く女性たちに聞きました。

いつも上から目線

・「大体小ばかにされて笑いを取られる」(32歳/不動産/専門職)
・「何かと何かにつけからかわれたりする」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「何かと下に見ている発言をすること」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「いつも、話をないがしろにされる」(31歳/その他/事務系専門職)

理由はわからないけど、なぜだかいつも上から目線で話をされる。いつの間にかネタキャラ認定されて、何をしてもからかわれてしまう……。もしかしたら、「この人は何を言っても笑って許してくれる」と思われているのかも?

持ち物やプレゼントにも影響

・「プレゼントに安物が多い」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「スマホではなくガラケーなので、いちいちLINEて知ってる? とか聞かれる」(32歳/金融・証券/営業職)
・「服装や持ち物を私に合わせて地味にしてきたとき」(33歳/金融・証券/専門職)

持ち物やファッションには、その人のセンスやグレードが表れがち。特に女性はそういうところをよく見ていますから、「自分より下だわ」という気持ちが無意識に出てしまうのでしょうね。いつの間にか「ガラケー<スマホ」になっているのは、納得いかない気もしますが……。

なぜその呼び方?

・「あんた、と呼んでくる」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「学生時代の嫌なあだ名でずっと呼んでくる」(33歳/医療・福祉/専門職)

親しいオバチャン同士ならともかく、「あんた」は家族でもイヤですよね。その呼び方ひとつで、上から目線度がかなり上昇します。また、自分が嫌がっているあだ名で呼び続けられることもかなり苦痛。格下扱いされていると感じても仕方ないですよね。

後回しの約束

・「予定が優先されない時」(29歳/団体・公益法人・官公庁)
・「男友達を優先させて約束をとっていたとき」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「待ち合わせに平気で遅刻してきて、何の謝罪もない時」(24歳/食品・飲料/専門職)

これはありがち! 女ですから彼氏優先は仕方ない気もしますが、約束を簡単に変更されたり、ドタキャンされたりすると、扱いが軽いな~と思わずにいられません。予定をコロコロ変更されては、「私といるとつまらないのかな?」と心配してしまいます。

私の何がイケないの?

・「田舎者扱いする」(31歳/生保・損保/事務系専門職)
・「必ず『それ本当なんですか』と聞いてから行動に移る。なぜか私が言ったことをすぐに信用してくれない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「子どもがいないことで、『まだ夫婦ふたりだけだもんね』と苦労がわからないだろ的な言い方をされること」(32歳/その他/事務系専門職)
・「~の癖にって普通の会話の中でも何度か言われた」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「言外に私とあなたはちがうからと毎回匂わせてくる」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「輪になって立ち話している時、ほかの人が後から合流すると自然と輪がその人の分あくのに、私が合流しても私は輪の外」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

マウンティング女子は、ささいなことでも自分が上位になりたがるもの。出身や未既婚、子どもの有無などを理由に格下扱いされると、「あなたはそんなにエライの?」と聞きたくなりますよね。努力だけではどうにもならないこともあります。

モテVS非モテ?

・「容姿でいいところがないから」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「付き合った人数が少ないので、経験豊富な話をされると負けてる感がある」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「自分のほうがモテるアピール。聞き流してます」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「○○ちゃんは絶対結婚なんて無理無理といわれたことがある。その人だって彼氏すらいないのになんでそんなこといわれなきゃいけないのって思った」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「既婚と未婚の違い」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

モテモテなのはたしかにうらやましいけれど、ひとりの男性から末永く愛される女性だって幸せですよ! 「女の価値は男の数」なんて、誰が言ったの!? また、結婚のタイミングは人それぞれですから、早ければえらいということはありませんよね。

世の中には、少しでも優位に立ちたいと思う女性がいるのです。そうすることで、自分を保っているのだから、いくつになってもきっと直らないでしょう。もし、格下扱いをしてくる人に出会ったら、「かわいそうな人なんだな」と、こちらが上から目線になってみてはいかがでしょうか。そうすれば、カチンとこないかもしれませんよ。

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数208件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

肉好きの草食系ライター。痩せの大食いで何でも食べるが、辛い物は苦手。

この著者の記事一覧 

SHARE