お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ

オンナ目線で厳しくチェック! 「ツヤ肌」のつもりが「テカリ肌」に見えちゃう女子の共通点3つ

ファナティック

チーク

「ツヤ肌」と「マット肌」、メイクのトレンドによってどちらが今風の顔に見えるのか変わってきますが、注意したいのはテカり肌に見えないようにメイクをすること。今回は、女性目線で「ツヤ肌に見える女性」と「テカリ肌に見える女性」のちがいを語ってもらいました。

どのパーツが光っているかが重要

・「光っている部分のちがい。おでこが光っていたらテカリ肌。ほほが明るいのはツヤ肌」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「おでこや小鼻などテカリやすい場所にツヤがあると、ツヤではなくテカリに見える」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「Tゾーンはテカリ、Uゾーンはツヤ。顔の場所によってちがう」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「全体的にテカテカしているとテカリ肌で、ツヤ肌は一部」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

皮脂が浮きやすい場所や顔全体が光っていると、テカリ肌に見えるという女性は多いですね。ツヤ肌はメイクで作り上げるものなので、光る場所もしっかりコントロール済み。顔の中でも高く見せたいパーツに光を集める感じで上手にメイクできていれば「ツヤ肌」の印象を与えることができそう!

脂っぽいか、みずみずしいか

・「あまりに脂が浮いた感じだと、テカリ肌に見える」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「Tゾーンが光っていて、なんとなく脂ぎって見えるのがテカリ肌。ツヤ肌は透明感がある」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ツヤ肌はみずみずしい肌。テカリ肌は油っぽい肌」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

テカリの原因となる皮脂が浮いているなと感じさせる肌と、水分で潤っているなという肌の違いで、ツヤ肌とテカリ肌のちがいが出るという女性も。脂ぎってメイクも落ちかけているような肌は、いくら光っていてもキレイには見えないもの。皮脂はしっかりおさえておきたいものですね。

毛穴が目立つかどうか

・「肌表面のなめらかさのちがい。毛穴が開いていたり、肌荒れしているとテカリに見えます」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「ツヤ肌は肌質自体がきめ細かいので毛穴が見えない。毛穴が開いているように見えるのは完全にテカリ肌だと思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

肌の表面が滑らかで毛穴が目立たないとツヤ肌、毛穴が目立つ肌だったり肌荒れしていたりするとテカリ肌に見えてしまうようです。ツヤのあるキレイな肌に見せるためには、キメの整った肌をキープするための毎日のお手入れも大切だということですね。

まとめ

これから夏に向けて、健康的な印象のツヤ肌人気は高まってきますが、ただのテカリ肌に見せないためにはベースとなる肌作りが大事。毛穴が目立たず、皮脂浮きのない肌ならツヤを持たせたポイントが際立つので顔に立体感も生まれて健康的な美人顔が作れるはずですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数216件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]