お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんじゃそりゃあああああ! 他人のありえないお弁当エピソード

ファナティック

他人のありえないお弁当ランチタイムに食べるお弁当は、午前中にがんばった自分へのねぎらいと午後の活力の源です。おいしければおいしいほど食べれば元気になりますし、見た目もうれしいものであればその効果も高まるというもの。しかし、たまーに「ありえなくない……!?」と我が目を疑いたくなるようなお弁当を持ってくる人っていますよね……?

Q.あなたは今までに他人のお弁当について「ありえない!」と驚いたことがありますか?

「はい」……25.2%
「いいえ」……74.8%

働く女性たちにアンケート調査をしてみたところ、約4人に1人の女性が「ありえない!」と驚いてしまうようなお弁当に遭遇したことがあるのだとか。彼女たちは一体、どのようなお弁当を目の当たりにしたのでしょうか?

彩りって言葉を知らないのかな……

・「1段目がチャーハンで、2段目もチャーハン」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「フランスパンが細切れにしきつめられていた」(31歳/その他/事務系専門職)

・「弁当箱の中に握りずしが並んでいた。食中毒大丈夫か?と思った」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「白米のみの2段弁当だった」(32歳/金融・証券/営業職)

作る人が忙しければ、あれこれおかずを詰め込む時間はないかもしれないけれど、「せめて何か!」と叫びたくなるようなお弁当たち……。おなかはいっぱいになるかもしれませんけどね!

その組み合わせはどうなの!?

・「お弁当がご飯とキュウリだった。いくらダイエット中だからといってもありえない!」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「中身がナポリタンと白米だった」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「いとこの弁当にはセロリがそのまま刺さっているらしい。要するに私のおばさんがそういう弁当を作っている」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

おかずだってあればいいというものでもありません。見た目、味のバランスも考えて入れてほしいものです……。

確かにおいしいけれど……

・「ご飯とレトルトのカレー1パック」(23歳/その他/事務系専門職)

・「ご飯の上に明太子が1本乗っていたことです。ワイルドなお弁当だなと思いました」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「おかずは納豆をパックで持ってきていたとき。臭うのは……なんとなくお弁当としては私の常識外だった」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「おかずの段に、ギョーザがたくさん詰まっていた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

ベストマッチなおかずであることはわかりますが、「それをお弁当にする!?」と思わず問いただしくなりますね……。いくら好物であったとしでも、お弁当に適しているか否かは客観的に判断したいものです。

女性たちが遭遇した「ありえない!」お弁当たち、いかがでしたか?「え、別に普通でしょ?」なんて思った猛者もいるかもしれませんが、お弁当も大事な栄養補給源。栄養バランス、いろどりをきちんと考えてぜひ作ってください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数210件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2015年06月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE