お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ついうっかり、ごめんなさい……。新入社員・後輩にやってしまった塩対応3選

ファナティック

年度初め。新入社員も増え、職場がさらに活気づく季節。今までの業務に加えて、今度からはさらに後輩の面倒を見なければならなくなった女子のみなさんも多いでしょう。しかし、忙しさに追われて、つい新人を置いてけぼりにしてしまってはいませんか? そこで今回は、うっかりやってしまった新人や後輩への塩対応について、女子のみなさんに聞いてみました。

■質問に冷たい対応

・「忙しいときに話しかけられ、キレ気味で答えてしまった。『あっすみません……』と嫌な雰囲気になった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「忙しいときに質問をされてそっけなく返答してしまった。少し驚いていたので、あとで謝った」(24歳/機械・精密機器/営業職)
・「忙しくて仕方がないときに質問されて、『あとでね!』と答えたとき。ションボリして、ずっと私の仕事が落ち着くまで待っていた。かわいそうになって、そのあとは付きっ切りで仕事を教えてあげた」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

このほか「あとにして!」と言ったまま質問されていたことを忘れて放置、というパターンも。忙しくても一息ついてちゃんと答えてあげられたら……と今さらながら後悔。こういうときは、「○○分後にもう一回声かけて!」と時間を指定してしまいましょう!

■無視してしまった

・「忙しすぎて教えられなかった。困っていて、今考えるとかわいそう」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「仕事が忙しいときに話しかけられて、無視したこと。顔が凍りついていた」(32歳/医療・福祉/専門職)

こちらも忙しさに流されてしまい、後輩からのSOSを無視してしまったという声。新入社員にとっては教えてくれる先輩だけが頼みの綱。「しまった」と思ったら、すぐにフォローするのがよさそうです。

■ミス乱発にため息

・「忙しい時期に同じミスを何度もされて、ちょっと冷めた感じで注意してしまった。素直に謝ってきて、それから直してくれるようになった」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「ミスをしたとき、怒鳴りつけてしまったこと。ビックリしていてしばらく静かでおびえた様子でした」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

新人だからミスするのは当たり前。といっても、同じミスを繰り返されるとそれはそれで問題。ついため息をついてしまい、怖がられることも。

自分たちが新人だったころ、同じような失敗や経験をしたことがあるといっても、自分のことで精いっぱいになると、つい冷たい態度を取ってしまうことも……。それでも、いつか頼れるパートナーになってもらうためには、ここで踏ん張ってフォローしてあげられるのがカッコイイ先輩です。アメとムチを上手に使い分けられるようがんばりたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE