お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドタキャンはマジないわ~! 女子旅計画でトラブルになったことってある?

宇田川ノリコ

気心の知れた仲のいい女友だちならまだしも、女子会トークの延長で「じゃあ今度、みんなで旅行に行こう!」となったときが危険信号!? 誰が幹事をするのか、どうやって日程を決めるのか……など、何かとめんどうが起りそうな女子旅。計画の時点で「もう嫌!」となってしまった経験についてアンケートで聞いてみました。

◆女子旅を計画するときに、トラブルになったことはありますか?

「ある」と答えた人が約25%と、4分の1程度の人が女子旅の計画時にトラブルになった経験があるようです。メンバーの中に「ドタキャンする」「わがままばかり」というような人がいるとトラブルに発展して、最後は「旅行を取りやめ」になることもあるよう。一方で「トラブルが起こりそうなので女性同士では行かない」という冷静な意見もありました。

[回答者数:204(1年目=2.9%、2年目=2.9%、3年目=8.3%、4年目=7.3%、5年目=13.2%、6年目=16.2%、7年目=10.3%、8年目=14.2%、9年目=9.8%、10年目以上=14.7%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2015年3月にWebアンケート、22~34歳の働く女性]

Q.そう答えた理由や具体的なエピソードがあればお答えください。

■ドタキャンの常習犯

・「旅行の直前になるとキャンセルしてくる友人がいます。急に行きたくなくなるらしく、仕事のせいにして断ってきます」(ソフトウェア/事務系専門職/5年目)
・「すぐにドタキャンする子がいるともめる」(情報・IT/秘書・アシスタント職/7年目)

■彼を優先された

・「いつも彼氏優先の友人は、ほかの人と旅行に行くとすねる。でも、その子を誘うと一生計画が立たない」(金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職/11年目)
・「何日も前から計画していたのに人だけ彼氏が行かせてくれないからと断ってきて予約していたホテルの部屋変更をする羽目になりました」(自動車関連/事務系専門職/12年目)

■旅行先でやりたいことがちがう

・「観光したい組とブランドなどの買い物をしたい組とで旅行中のスケジュールの意見がわかれてしまった」(金属・鉄鋼・化学/事務系専門職/11年目)
・「それぞれ行きたい場所がちがい、意見がまとまらなかったから」(団体・公益法人・官公庁/事務系専門職/6年目)

■価値観の相違がけんかのもと

・「部屋のグレードを決めるときに若干もめたことがあります。部屋重視か、お金重視かというところでした」(団体・公益法人・官公庁/技術職/7年目)
・「旅館は自分は質素なところでいいものの、友人はひとつひとつがリッチだったのでそこでまずもめた」(金属・鉄鋼・化学/事務系専門職/7年目)

■スケジュールが合わない

・「4人で旅行しようとしても、なかなか日が決められなかった」(通信/販売職・サービス系/5年目)
・「メンバーが有職者のため、スケジュール調整が難しかった」(その他/事務系専門職/1年目)

■プランニングのすべてを人任せって……

・「『パソコン苦手だからいろいろ調べといて』って言われて私が企画することに。なのにあれは嫌だこれは嫌だって言われて結局私がキレてやめることにした」(建設・土木/事務系専門職/8年目)
・「旅行の日程を決めたものの、誰も具体的な内容を決めようとしないので、宿などほとんどひとりで決めることに。楽しみだった気持ちが半減した」(マスコミ・広告/クリエイティブ職/2年目)

(次ページ)トラブルを防ぐための方法とは?

宇田川ノリコ

地方出身で、東京暮らしも10年を超える。興味があることには猪突猛進型。2014年ブラジルワールドカップを見てサッカーにはまる。スペイン・リーガのファンになりスペイン語の勉強を開始。いつか選手のインタビュー記事を書くことを夢見ている。好きなテレビはお笑い番組。趣味は旅行で、最近は長期休暇がとれないため、もっぱらアジアへの旅。食べることが好きで「おいしいものを食べたい、でもダイエットしなきゃ」は永遠のテーマ。

この著者の記事一覧 

SHARE