お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が「ズボラ」認定する女性の特徴5つ

ファナティック

時と場合にもよりますが、「ズボラ」だと、なんとなく周囲の人に好印象を持ってもらうのは難しそう。自分が「ズボラ」だと思われていないかどうかは気になるところですよね。そこで今回は、社会人男性のみなさんに「ズボラだと思う女性の特徴」について聞いてみました。

■物を片づけない

・「会社のデスクまわりが汚い。他人の目に入る部分さえも整理できないというのはズボラな証拠」(31歳/商社・卸/営業職)

・「物を出しっぱなしにして、片づけをしない」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「部屋の掃除すらできない女は話にならない」(28歳/情報・IT/技術職)

「あとでまとめて片づければいいや!」と思い、使ったものをそのまま放置していませんか? 周囲の人は、しっかり見ています。

■バッグの中が散乱している

・「バッグの中がぐちゃぐちゃ」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「カバンが汚い」(28歳/金融・証券/営業職)

なぜか荷物が多い女性っていますよね。バッグの中は誰も見ていないだろう……と適当に荷物をつめこんでいる人は要注意。

■おしゃれに無頓着

・「ファッションがいつも似たようなものを着ている」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「ブラウスにアイロンがかかっていなくて、しわくちゃなものを着ているとき」(36歳/機械・精密機器/営業職)

「ちゃんとアイロンをかけているの?」と言いたくなってしまうようなシャツを着ていると、男性から「ズボラ」認定されてしまうようです。また、なんとなく洋服を選んでいると、知らず知らずのうちに同じようなファッションになっている危険性があるので、気をつけて!

■髪の手入れをしていない

・「よく寝グセがついたまま職場に来ている」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「いつも髪がボサボサな状態で出社する」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

・「肌の手入れは化粧で多少隠せても、髪のケアを怠っているのは隠せない」(24歳/機械・精密機器/営業職)

意外とお手入れをサボッてしまいがちなヘアケア。パサつきや傷みの原因はさまざまあると思いますが、きちんとケアは欠かさないでおきたいところ。また、外出するときは、最低限寝グセがついていないかチェックをする習慣くらいはつけておきましょう。

■メイクが適当

・「会社にノーメイクで来る」(33歳/情報・IT/技術職)

・「化粧が日によってバラついている」(32歳/電機/技術職)

・「油断したときの化粧とかのムラがわかる」(28歳/金融・証券/専門職)

メイクは社会人としてのマナーのひとつと考えている男性も少なくないよう。そのメイクに「適当さ」を感じてしまうと、ズボラだな……と思ってしまうみたい。

いかがでしたか? 今回男性から寄せられた意見に当てはまる部分がある人は、周囲に「ズボラ」認定されてしまっているかも。ぜひ気をつけたいていきたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数108件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE