お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もしも給料が上がったら、使っちゃう? 貯金する? 「貯金する」派はなんと●%!

ファナティック

毎月の給料が上がるとうれしいですよね。今まで通りのお金の使い方をするか、上がった分を有意義に使ってしまうか……。あなたなら、給料が上がったらどうしますか? 働く女性のみなさんに質問してみました。

Q.もし今月から給料が増えたら、自分の自由に使えるお金としてさっそく使いますか? それとも、貯金しますか?

「使う」15.8%
「貯金する」84.2%

「貯金する」派は84.2%と多数派でした。何かと将来が不安のため、貯金を増やしておきたいという意識が強いのでしょうか。それぞれの理由を見てみましょう。まずは、「使う」派から。

<「使う」派の意見>

ちょっとだけ遊びたい

・「普段使える金額が少ないので」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「今の給料だと全然遊べないので、少し遊びたい」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

現実的に考えると給料は少しずつ上がるものですよね。ちょっと遊ぶくらいが限度かも。

自分へのご褒美!

・「ささやかなお祝いで一緒に食事に行くと思う」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分へのご褒美としてお金を有効に使いたい」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

給料が上がったということは自分のがんばりの証でもあります。プチ贅沢をしても罰は当たりませんよね!

わざわざ貯金するほどではないかも

・「今そこそこの額を貯めていてもう少し自由に使ってもいいのかなと思っているから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「残ったら貯金すればいいから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

貯金に対する緊急性がなければ、自由に使えるお金にしてしまってもよさそうな気がしますね。

続いては、「貯金する」派の声です。

<「貯金する」派の意見>

今すぐほしいものがない

・「貯金して、ほしいものができたときに使う!」(26歳/その他/その他)

・「ほしいものが急に増えることはないので、とりあえず貯金にまわす」(31歳/小売店/事務系専門職)

貯めておくと買えるものの幅が広がりますし、どうしてもほしいもののために楽しみにとっておくとよさそう。

緊急時用の補てんに

・「給与天引きの貯金をしているが、いざ必要なお金をすぐ出せるほどは持っていないので貯金をしたい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「不測の事態用」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

入院などをすれば費用がかさみますし、お祝い事が続いてお財布がピンチになることも。そのときの用心に◎です。

将来の目標のために貯金

・「将来取りたい資格の取得費用として貯金します」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚資金を貯めたいから」(28歳/電機/技術職)

目標があって貯金中なら貯めない手はありませんよね。夢が近づいてくる気がします。

給料が上がったらどうするかについて、女性のご意見を見てみました。いかがですか? ひも解いてみると84.2%の女性が貯金派で、堅実な印象です。みなさんはいかがですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数171件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE