お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ひとり暮らし女子は自衛が大切! 先輩女子が教える確実な4つの防犯対策

ファナティック

実家に住んでいると、何かとほかの家族がうるさく「面倒だなぁ」と思うことってよくありますよね。ひとり暮らしをして、その煩わしさから解放されたい!と思っている人もおおいことでしょう。しかし、女子のひとり暮らしは何かと用心が大切。自分を守ってくれる家族がいない分、自分でできる防犯対策は、常に心掛けなくてはなりません。そこで、既にひとり暮らしをしている女子たちに、自分たちが実践している防犯対策を教えてもらいました。

■古典的だけど効果抜群!? メンズの下着や服を干す!

・「彼氏の洗濯物を借りてベランダに干しておく」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「男性用の服を窓に干すなど」(23歳/その他/事務系専門職)

・「男性ものの下着を外に干す」(28歳/学校・教育関連/専門職)

オーソドックスなテクニックですが、実践している女子が多いですね。「女性の一人住まい」とまわりに知られないために、ぜひ実践してみましょう。

■お部屋は絶対2階以上!

・「オートロックで一階は避ける」(29歳/自動車関連/技術職)

・「取りあえず2階が楽チン」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「2階以上。周囲に死角がないかどうか」(28歳/情報・IT/営業職)

こちらもよく知られていますが、安いからといって、外から侵入しやすく、部屋の中を見られやすい1階の部屋を借りることはやめましょう。できるだけ、2階以上のお部屋が望ましいです。

■一つじゃダメ! 鍵は必ず二つ!

・「二重鍵をつけておく」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「重ねてロックできるものを買ってとりつける」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「玄関にチェーンをかける、用心のために必ずするべき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「鍵を掛けたから大丈夫」なんて安心してしまうのは、まだまだ用心が足りません。鍵は必ず二つ付けて、二重のガードができるようにしましょう。ドアチェーンも忘れずに。

■オートロックかインターホンで来訪者を確認!

・「ドアにカメラ付きインターホンをつける。オートロックでないと、誰がドアの前にいるのかわからないとかなり不安だから」(32歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「オートロックは、玄関口まで他人がやってこないので安心」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「鍵をかけることとインターホンを付けてちゃんと見ること」(28歳/食品・飲料/技術職)

部外者が入ることのできないオートロックは、来訪者の確認ももちろんできます。知らない人のが尋ねてきても、これがあれば安心です。オートロックではない物件ならば、せめてインターホンはほしいところ。

ひとり暮らし女子たちの防犯対策、いかがでしたか? これから一人暮らしをしようとしている人、この春、ひとり暮らしをはじめた人はぜひ、自分の防犯対策を見直してみてください。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月20日~30日にWebアンケート。有効回答数186件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE