お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジ勘弁してよ……。面倒くさくて嫌いになった女子エピソード3選「『私を愛してない!』とふて腐れる」

ファナティック

甘え方が上手だったり、彼氏の立て方が上手だったり、きちんとお互いを尊重していたり、奥ゆかしさにぐグっとくる部分のバランスが取れている女性は、男性から嫌な思いをされることはあまりないと思います。今回は男性の気持ちが冷めてしまった、面倒な女性について調査しました。

Q.女性の言動で、面倒くさい女だなと気持ちが一気に冷めたことはありますか?

 「ある」……15.7%
 「ない」……84.3%

「ある」と答えた人は2割弱と少数でした。その少数派の男性に、一体どんなことで気持ちが冷めてしまったのか具体的に聞いてみました。

■メールがしつこい

・「しつこいメール」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「仕事が忙しいのにしょっちゅうメールを送ってきて、すべてのメールに返信を要求されたときに面倒くさい人だと感じた。付き合いきれないので即座に別れを告げた」(32歳/電機/事務系専門職)
・「連絡がしつこい」(27歳/情報・IT/営業職)

メールを早く返さないと文句を言われたり、問い詰められるということを経験したことがある人が多いようです。相手の事情もきちんと考慮しないで連絡ばかりしていると「しつこいなぁ」と思われたり、既読無視に繋がってしまうかも。

■泣いたり怒ったりする

・「過去のことを持ち出して怒る」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「すぐ泣くところ」(38歳/通信/技術職)

世の中には、自分の思い通りにならなくて、怒ったり泣いたりする女性もいます。女性全員がそうとは思われたくありませんが、泣けばどうにかなると思っている女性には、「即刻改善して!」と言いたくなってしまいますよね。

■ネガティブ・自分勝手

・「自虐的なことを言う。その自虐に対して励まさなければならないのが面倒だった」(31歳/商社・卸/営業職)
・「『私を愛してない!』とふて腐れる」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「『自分ほどあなたに尽くしている女はいない!』と宣言されて」(36歳/機械・精密機器/営業職)

自分がこれほどまでに好きなのに伝わっていないだとか、あたしなんて……とか言うネガティブ発言は、もれなく面倒くさい認定されるそうです。彼の気持ちがわからなくて不安なときは、あくまで冷静に正直に伝えましょう。

どのエピソードも、相手が好きなあまりに気持ちが抑えられなくなった結果のような気がしますね。しかし、こんな言動ばかりしていると、男性陣には「面倒くさい女」レッテルを貼られてしまいます! あまり感情的にならず、懐の大きなところを見せるのが一番なのでしょうが、なかなか難しいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の社会人男性)。

※この記事は2015年03月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE