お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今頃、誰と一緒にいるのかな…… 元カレとヨリを戻したくなるタイミング

ファナティック

寂しそうにする女性思い出が美化されていくというのはよくある話ですが、元カレとの思い出も同じ。別れてよかったと思うこともあればふとしたときに幸せだった時間を思いだして「なんで別れたんだろう」と後悔することも。今回は、元カレとヨリを戻したくなる瞬間について聞いてみました。

彼との思い出の品物を見たとき

「部屋に飾っている昔もらったプリザーブドフラワーを見ると、昔のいい思い出を思いだす」(30歳/食品・飲料/技術職)

「元彼からもらったネックレスを見たとき、幸せだったなとヨリを戻したくなった」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

彼との別れ方がひどいものなら思い出の品物も捨ててしまっているのでしょうが、そうでない場合は手元に残しておくこともありますよね。それを見ると楽しい思い出がよみがえってヨリを戻したくなる人もいるようです。

彼の成功や活躍を耳にしたとき

「ミスターコンテストで優勝して観光大使になっていたこと。大人になってそんなに爽やかイケメンになると思っていなかったので、誤算でした」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

「趣味のことや仕事などですごく頑張って成果をだしているところをみると、よく頑張ったねと一言いいたくなる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

付き合っていたころよりも大人になって趣味や仕事で成果をだしているという彼の近況を聞いたときに祝福したい気持ちと、あのとき別れなければという後悔が湧き上がる人もいるみたいですね。

SNSなどで写真を見たとき

「Facebookで共通の友人と遊んでいる写真を見たとき、私もそこに入りたいと思う」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

「彼がFacebookで顔をだした写真をUPしたとき。一夜を共にしたときが思い出される」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

別れてから直接会う機会はなくてもSNS経由で彼の写真を見る機会ってありますよね。そんなときに「私もそこにいれば……」と想像してしまうこともあるようです。

今の彼に不満があるとき

「今の彼氏が全然お出掛けや旅行に行ってくれないときに、元彼はアクティブだったから毎回色んなところに連れてってくれたなーと思い出して、ヨリを戻したくなった」(24歳/情報・IT/技術職)

「そのときの彼が全然思うように接してくれなくて、元彼だったらって思ってしまうとき」(29歳/生保・損保/営業職)

今の彼が思うように相手をしてくれなかったりすると「元カレなら●●してくれたのに」と比較してしまうことも。今の彼と元カレがまったくちがうタイプだとしょっちゅう比較してしまうことになりそうですね。

元カレとよりを戻したくなるタイミングは色々あるようですが、実際には単なる懐かしさと美化された思い出に流されているだけの方が多いのかも。ヨリを戻してうまくいくカップルもいますが、同じ理由で2度目の別れを迎えることがないよう慎重に行動したいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月6日~20日にWebアンケート。有効回答数222件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE