お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バレたら慰謝料300万! 不倫をしようとしている友だちを止める方法4選

ファナティック

絶対にダメなことだけど、する人はしてしまう不倫。実際に不倫中の人がまわりにいると、見ているこちらまでハラハラしてしまいますよね。もし、あなたの友だちが不倫をしようとしていたらどうやって止めますか? 働く女性のみなさんに聞いてみました!

■バレたら悲惨な人生になることを教える

・「バレたときの損害賠償について具体的に話す」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「不倫して、バレたら慰謝料300万ということを教える」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「訴えられたときの慰謝料を払うお金と覚悟があるかどうか尋ねる。その覚悟があるのであれば止めない」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

障害のある恋は燃えるものですが、バレたときは本当に大変です。ドラマではないので、現実的に考えてもらいましょう。

■良心に訴えかける

・「人のものを取るのは法に触れるけど、本当にいいの?」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『相手の家族を不幸にするな』と言いたい」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「いかに相手の男性、あるいは女性がズルイか、また相手の家族を傷つけるかなどを冷静に伝える。『そもそも自分の家庭を大切にできない人間のことを本当に好きなの? どこがいいの?』と聞く」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

人に迷惑をかけるのはいけないことですよね。相手の家族を傷つけているという意識を持ってもらいたいものです。

■不倫はムダだと諭す

・「ゴールが見えない恋は時間のムダだよ」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「論理的に諭してもムダなので、『互いに不幸にしかならないからやめようよ』と懇願するだけです」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

不倫中は甘いことを言っていても、結局は家庭に戻る人もいます。結婚願望のある人にとっては実にならない恋愛です。

■不幸な体験談を聞かせる

・「不倫ドラマを見せる」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「私の経験を話す」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分が経験してつらかった話をする」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

何かトラブルが予測されてもつい『自分は大丈夫』と思ってしまいがちですが、不倫で不幸になった話を聞くと身近に感じてくれるかもしれません。

不倫をしようとしている友だちを止める効果的な方法は参考になりましたか? 友だちだからこそ言える、正直なアドバイスが多かったですね。もし今、「友だちが不倫をしていてどうしたらいいかわからない」と困っているなら、女性たちの意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数 女性151件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月25日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE