お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子に聞いた! ひとり暮らしが長くなると、親に触れてほしくない話題も出てくる?

ファナティック

親元を離れて一人で暮らしていると開放感があるせいか、実家でやっていたら怒られてしまうようなことも割りと平気でできるようになるもの。今回のアンケートでは、一人暮らし歴の長い女性たちが「その話題には触れないで」と親に対して思っていることについて聞いてみました。

Q.ひとり暮らしが長くなると、親に触れてほしくないと思う話題などもありますか?
「ある」26.7%
「ない」73.3%

触れてほしくない話題があるという女性は3割弱という結果に。では、どんな話題に触れてほしくないのか具体的に聞いてみましょう。

■普段の生活の様子

・「普段の食事の貧相っぷり。正直に伝えたらものすごく心配されそうなので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「普段何を食べているのか、何時に寝ているのか、などと後ろめたいことがある話題。心配をかけたくないし、小言も言われたくないので」(25歳/その他/その他)

・「料理の腕前とか。実家でもやらされそうで嫌」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「部屋の汚さ、掃除の頻度」(29歳/その他/その他)

親にとっては心配な普段の生活の様子も本人からすると触れてほしくない話題になるようです。もう子どもじゃないんだからと思っても「何を食べているのか、掃除しているのか」など親にすれば気になって仕方がないのでしょうね。

■結婚に関する話題

・「結婚・孫の話題。わかっていてもできないときはこっちがイライラするので」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「結婚の話。同級生の誰が結婚したとか、近所の誰が結婚したとか、遠回しに早く結婚してほしいと言ってくる」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもができる・できないの話など。幸い親はあまりそこに触れない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

同級生の結婚話で遠回しに「あなたは?」みたいな探りを入れられるとイラッとしてしまうこともあるようです。離れているからこそ心配で早く結婚して安心させてほしいという親心ですが、そう簡単に結婚できないのにというイラ立ちがあるのでしょうね。

■彼氏の有無

・「『恋人はいるの?』ってこと。『いないんだよ!』ってわざわざ言うのもなんかいやなので」(27歳/金融・証券/営業職)

・「彼氏とのデートに関する話題。外泊や家でエッチばかりなので、親には言えないから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

彼氏がいてもいなくてもその話題には触れてほしくないようですね。いないということをわざわざ親に言うのも恥ずかしいような情けないような気がするのは、親に対する申し訳なさでしょうか。

自分のことを心配いてくれていることはわかっているけれど、信用して放っておいてほしいという気持ちもありますよね。親を安心させるためにも触れられたくないことは避けつつ、話せそうなことだけを聞かれる前に話しておくというのも一つの手かもしれませんよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月20日~3月2日にWebアンケート。有効回答数202件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年03月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE