お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性に聞いた! 恋人の実家に行くときに絶対にやってはいけないこと5つ

ファナティック

お付き合いが長くなると、恋人の実家に行くこともあるでしょう。結婚への課程をスムーズに進みたいなら、ココでの失敗は禁物です! 恋人の実家に行くことになったら、どんなことに気を付けるべき? 絶対にやってはいけないことを、アラサー女子たちに聞いてみました。

■身だしなみはしっかりと

・「ヒールの高い靴は履いていかない。普段と同じ濃さで化粧をしていかない」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「素足での訪問」(26歳/その他/営業職)

・「いつもの服装ではダメだということ。きちんとした身だしなみが必要」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

彼の実家に行くなら、意識するべきファッションは「かわいく」よりも「きちんと」です。少し地味目でも大丈夫! 「しっかりした女性」という第一印象を持ってもらうため、身だしなみには気を配ってください。

■お忘れなく!

・「基本的なマナーができないこと。両親の苦手なものが入っている手土産を渡さない」(26歳/情報・IT/技術職)

忘れてはいけないのが、実家のご両親への手土産です。基本的には、消費できる食品がオススメ。彼から事前に、「ご両親が好きなもの」を聞いておけば、迷うこともありません。「お好きだとうかがったので……」と会話も弾むことでしょう。

■言葉遣いに気を付けて

・「言葉づかいが丁寧でないといけないと思う。併せてあいさつもしっかりと」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

プライベートだから……と、つい気を抜いてしまう方はいませんか? どれだけ「気楽に」と言われても、ため口はNGです。柔らかな口調と丁寧な言葉遣いで、印象アップを目指しましょう!

■彼の呼び方

・「恋人の名前を呼び捨てにすること」(32歳/医療・福祉/専門職)

言葉遣いと同様に、彼の呼び方にも気を付けましょう。普段は呼び捨てで呼んでいる場合でも、実家では「○○さん」と呼ぶのが基本です。愛称を使うのも避け、きちんとした印象を持ってもらえるよう頑張りましょうね。

■気持ちはわかりますが……

・「こそこそ出入りする」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「恋人といちゃいちゃ」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

「ご両親に会うのは気まずい」「一緒にいるときはベタベタしたい」という気持ちもわかりますが……堂々と大人としての振る舞いをしましょう。こんな行動がバレたときの印象は最悪! 挽回は不可能です。

恋人の実家では、緊張することも多いものです。だからこそみんなのアドバイスを参考にして、準備は入念に行ってください。ここさえ乗り切れば、結婚への道のりは大きく開かれるはず。チャンスを確実につかんでくださいね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月5日~13日にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年03月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE