お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うぜぇーっ! 男性が相手にしたくないと思った、かまってちゃん女子のアイタタエピソード4選

ファナティック

「相手にしないように……」と思っていても、かまってほしくてちょっかいをかけてくる「かまってちゃん女子」。他人の迷惑を考えない自己中心的な考えは、思わず「うぜぇー!」と感じてしまいます。そこで今回は、男性が相手にしたくないと思った、かまってちゃん女子のイタイエピソードを調査してみました。

■彼女がいる人間に暇アピール

・「クリスマスの日に、こちらは彼女と予定があるのにひたすら暇アピールされたこと」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

かまってくれるなら誰でもいいのか、チラチラとこちらの様子をうかがう女子。しかし、ハッキリ断るというのも後々面倒くさいことになりそうです。

■いちいち甘える

・「ペットボトルのふたを開けてだとか、リモコン取ってだとか、自分でできることをいちいち頼んでくる」(33歳/情報・IT/技術職)

頼るというのは、男心をつかむテクニックでもありますが、ひとりでできるようなことをいちいち頼られては相手も参ってしまいます。二度と頼まれごとをされたくないと思われてしまっても仕方がありません。

■自分の話ばかり

・「飲み会でまわりの話を止めて自分の話をし始める」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「1時間以上マシンガントーク」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

ちがう話をしていても、強引に「私」の話に持って行こうとするかまってちゃん。誰も聞きたいと思っていないのに、一通り喋って満足そうにしているのを見ると、引いてしまいます。

■「私」が中心じゃなきゃイヤ!

・「ほかの人と話しているのに割り込んでくる」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「ほかの人と会話をしているのに、いつも会話に割り込んでくる。しれっとスルーしていると、同じ言葉をこちらがリアクションを取るまで何回も繰り返す」(29歳/ソフトウェア/技術職)

何事も「私」が輪の中心にいないと気がすまない女子。盛り上がっていたところに水をさされて場がシラけるも、本人はそれに気づいていないというのがタチが悪いですね。

かまってくれるなら彼女持ちでも関係なし、と相手を振り回す言動には、さすがにウンザリですね。本人はそう悪気はないだけに、かまって攻撃をかわすのも難しそうです……。あなたのまわりにも、相手にしたくないと思うほどのかまってちゃんはいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]