お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

アイロンの手間が省ける―ハンカチは畳んで干すと後が楽!

女性はハンカチにもこだわりがありますよね。「タオルハンカチはモッサリしてイヤ、やっぱり布のハンカチでないと」という女性もいらっしゃるのでは。布のハンカチで面倒なのが、アイロン掛けです。今回はハンカチの洗濯に関する雑学をご紹介します。

【新感覚!乙女度120%、ハンカチアクセサリーのすすめ】

■畳んで干すという選択

ハンカチは、洗濯すると本当にしわしわになります。薄くて大きいため、洗濯中に広がって他の衣類とからまり、しわができてしまうのです。そのため、アイロン掛けが欠かせません。

ここでおすすめなのが、畳んで干すことです。ほとんどの衣類は、乾きにくくなるため、畳んで干すという選択をしないものです。ハンカチは十分に薄いため、畳んで干してもちゃんと乾きます。畳んで干しておくことで、その後のアイロン掛けの手間が少なくなります。

■ハンカチの干し方とアイロン掛け

畳んで干す場合、どの程度畳むかがカギになります。縦半分に畳んで干すと、乾きやすさはほとんど変わりません。その割には、アイロン掛けの一番最初の作業である、角を合わせて伸びたところを引っ張って戻し、大きな長方形にする、という工程を省くことができます。

一番面倒なところを省略できる上、ちゃんと乾くという合理的な方法です。

使う状態まで小さく畳んで干す場合、かなり乾きにくくなります。一方、アイロン掛けでは表側、裏側とひっくり返すだけで終わるため、時間がかかりません。暖かい時期に外に干せるなら、最終状態まで畳んでしまうと楽でしょう。

■ハンカチのアイロン掛け雑学

ハンカチは、広げたまま洗濯ばさみでつまむと、そこを起点として伸びてしまいます。これにより、アイロン掛けが難しくて面倒になってしまうのです。畳んで干すことにより、伸びにくくなることが最大の利点なのです。

毎日ワイシャツにアイロン掛けをする人は、それと同時にハンカチのアイロン掛けをすることと思います。もしも洗濯直後に時間があれば、脱水直後の濡れた状態でアイロン掛けをしてみてください。ハンカチは簡単にアイロン掛けできますし、ワイシャツもしわが伸びやすくなっています。

アイロンを掛けた後に干せば、乾いたらそのまま使用できて便利ですよ。

ハンカチのアイロン掛けは面倒なものです。乾きにくくならない程度に畳んで干すことで、ハンカチが伸びにくくなり、アイロン掛けがやりやすくなります。結果的にハンカチの寿命も延びて、良いかもしれませんよ。

お役立ち情報[PR]