お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

野菜は何でもかんでも野菜室で保存するのはNG「ナスやキュウリといった夏野菜は、適温が10度以上」

野菜が値上がりしてくると、普段よりも無駄な買い物を控え、買ったものはできるだけ新鮮なまま置いておきたいものです。ただ、買ってきてそのまま野菜室にすべて放り込んでいませんか? 野菜室に入れるべき野菜もあれば、入れるべきでない野菜もあるのです。

【料理女子なら知っている? 野菜・果物別、正しい保存方法】

■野菜室とは

ご家庭用の中型より大きい冷蔵庫には用意されている野菜室。冷蔵庫選びの基準として、野菜室が大きくて使いやすいことをポイントとした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところでこの野菜室、そもそもどういった目的で設置されているのでしょう。使っていてお気づきかもしれませんが、冷蔵室よりも若干温度が高めに設定されているのです。冷蔵室は約3~5度に設定され、野菜室は約5~7度となっています。

これは、野菜にとって快適な温度なのです。野菜は、「冷暗所」と呼ばれる1~15度の日光の当たらない室内が理想的な保存場所です。

■野菜室に入れてはいけない野菜

「冷暗所」に保存すべきと一口に言っても、野菜の種類によっては野菜室でも冷たすぎて、低温障害が起きるものがあります。

サツマイモやカボチャなどの根菜類と、ナスやキュウリといった夏野菜は、適温が10度以上となっています。冬場は暖房の効かない室内に置いておき、夏でもひんやりとしたところに置いておくように気をつけましょう。

根菜類や丸ごとのカボチャは乾燥を嫌うため、軽くぬらした新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷暗所で保存しましょう。

■野菜室の中での保存法

その他葉物野菜などを野菜室で保存するには、それぞれの野菜にとって快適な環境を作ってあげることが大切です。種類ごとに分けて新聞紙で包み、ポリ袋に入れることで、いろいろな野菜を同時に長持ちさせることができます。

買ってきたまま上から重ねて放り込んでいけば、下のほうの野菜はいつの間にかしなしなになったり、傷んで水分が出ていたりしますよね。特にすぐに乾燥してしまう青菜類は、新聞紙に軽く霧吹きをしてあげると良いでしょう。

乾燥を防ぐことと、野菜同士の重なりをなくすことで、使いやすい上に長持ちしてくれるようになります。

せっかく買った野菜を長持ちさせるためには、野菜室の使い方に注目してみると良いのですね。野菜の雑学を利用してみたいものです。

お役立ち情報[PR]