お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

女子必見! 美肌になる食べ物&肌荒れする食べ物とは?

Doctors Me

スプーンにすくわれているナッツ女性にとって切実なトラブルがお肌の悩み。ストレスや睡眠不足などでも肌荒れが起こるといわれていますが、ここでは食事と肌荒れの関係についてお話ししたいと思います。
よく「ナッツを食べすぎるとニキビができる」といわれますが、これは本当でしょうか。実は、ナッツそのものがニキビの要因になったり、ニキビを悪化させることはないといわれているのです。

■ナッツを食べるなら素焼きがベター!

ナッツには以下の効果が期待できます。

・オレイン酸やαリノレン酸といった良質な脂質が含まれていて、生活習慣病を予防する効果がある。

・ビタミンやミネラル、カルシウムが豊富で女性に不足しがちな栄養素を補う役割がある。

ただし、注意したいのはナッツを加工する過程で、油で揚げる、バターや塩分で味付けされることが多いということ。

こうした加工に使われる油分がニキビの原因になることがあります。ナッツを食べるときは素焼きのものを食べるとよいでしょう。

■あなたは大丈夫? 肌をいじめる食生活をしていませんか?

食事全般で気をつけたいこととしては以下のような食事や食べ物を好む人は注意が必要です。

・炭水化物や脂質の多い偏食

・アルコール、カフェインを多く含むもの

・揚げ物やクリームが多く使われているようなお菓子

もちろんこれらは適量であれば問題ありませんが、特に肌荒れが気になるような時には、とりすぎないように注意するようにしましょう。

また、便秘になってしまうと、肌の再生に必要なビタミンの一部がうまく作れなくなるといわれています。食物繊維の多い食事をたくさんとり、便秘にならないように注意することも肌荒れ対策には有効です。

いますぐ始められる! 肌によい食事で肌美人を目指そう!

逆に肌によい食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか? ビタミンA、B、Cを含む食べ物がその代表です。効果としては、肌の再生を助け、肌の老化を防いでくれる作用があります。

ビタミンが多く含まれる食べ物には、緑黄色野菜や芋類(じゃがいも、さつまいも)、果物(イチゴ、キウイなど)があります。特に野菜の場合はサラダなどの生野菜で食べるよりも加熱して食べるほうが、より効果があるといわれています。

(文:34歳女性医師/Doctors Me、構成:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.06.14)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]