お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ず、ずるい……! 女性が遭遇した「抜け駆け女子」の目撃談10選

ファナティック

グループ内の和を保つためにも、「抜け駆け」を暗に禁止することがあると思います。でも、中には「抜け駆け女子」にしてやられた経験を持つ人もいるみたい。そこで、女性のみなさんに「抜け駆け女子の目撃談」について聞いてみました。

■素敵な男性をゲット!

・「結婚なんて全然興味がないと言っていたのに、1年後にデキ婚をして抜け駆けされました」(30歳/その他/その他)

・「まわりで格好いいと言われる職場の先輩に対して、同期の女子は最初そんなことないよとか言いながら、気づいたら2人で飲んだりしてて、ついには結婚までこぎつけていました」(26歳/金融・証券/専門職)

・「自分だけ積極的に合コンに参加する」(26歳/金融・証券/営業職)

男性へのアピールをこっそりしていた! という「抜け駆け女子」に遭遇したという意見が目立ちました。自分の知らないところでいろいろと行動されると、ショックも大きいものです。

■ミスを告げ口

・「私のミスを社長にチクッて、私の評価を下げるようにしてきた先輩がいる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「前の会社ですが、後輩が私のミスをわざとみんなの前で声高めに指摘されました」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「しれっと悪口を言い、人を落とそうとする人間はいます」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

誰でもミスはするものですし、他人のミスにだけきびしいような態度は、やめてほしいですよね!

■上司に対して抜け駆け

・「いつも自分が優位に立つように仕事をして、上司にアピールする女子」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「上司に気に入られようと、上司の前ではきちっと仕事をしている」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「みんなで成功させた仕事でも、あたかも自分の手柄のように上司に報告する女子がいる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お土産やバレンタインなど、面倒だから止めようねと言っていたのに、上司にこっそり贈り物をしていた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

上司によく思われたい気持ちはわからなくもないですが……。周囲の人は「抜け駆け」しようとしていることに気付いているものです。

「抜け駆け女子」にまつわるエピソードをご紹介しました。自分にメリットのある行動をしたい、という気持ちもわかりますが、周囲に冷ややかな目で見られてまですることではないのかも。「抜け駆け女子」について、あなたはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]