お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子に聞いた! 結婚しても、自分の部屋はほしい?⇒「絶対にほしい 57.0%」

結婚したら新しく家族になった人と、同じ家にずっと住むことになるわけですが、そんな中でも、やっぱり自分1人の部屋がほしい、と思う女性も多いかもしれません。そこで、こんなアンケートを実施してみました。あなたはどちら派ですか?

Q.結婚して彼と一緒に住んでも、自分の部屋は絶対ほしいですか?

「絶対にほしい」57.0%
「なくてもよい」43.0%

「絶対にほしい」派が半数以上を占める結果になりました。結婚後の「自分の部屋」についての考え方、じっくり聞いてみることにしましょう。

<「絶対にほしい」と答えた女性の意見>

■ひとりになれる時間がほしい

・「ひとりの時間を確保したい」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「プライベートな空間がほしいから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ひとりになれる場所がほしいから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

結婚してもひとりの時間や空間を持ちたい、という声が圧倒的多数に。いくら好きな人と一緒に暮らしても、自分だけの場所はしっかり持っておきたい、と考える女性が多いようです。

■自由に使える空間がほしい

・「趣味のものを置ける場所がほしいから」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の趣味に没頭したいから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「本とかいろいろ自分の所有物を置けるスペースがほしいので」(25歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分の好きなものを置いたり、趣味に使えるスペースがほしい、という女性も多いよう。結婚しても趣味や自分の好きなことは大事にしたい女性たちも多いのかもしれません。

<「なくてもよい」と答えた女性の意見>

■自分だけの個室にはこだわらない

・「リビングでくつろげばいい」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「共有スペースでも自分の場所があればいい」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「自分のスペースはほしいが、1部屋はいらない。リビングの1角とかで十分」(28歳/小売店/事務系専門職)

特に自分だけの個室にはこだわらない、という女性が大半。自分用のスペースが少しでもあればいい、という女性が多い結果になりました。

■経済的に難しいかも

・「そんなに広い部屋に住めないかもしれないから仕方ない」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「あったらいいけど現実的には厳しいと思うので、まぁなくてもよい」(26歳/学校・教育関連/技術職)

・「そんなに大きい家だと家賃が高くなるから……」(25歳/自動車関/事務系専門職)

そんな大きい部屋には住めないかも……という経済的な事情であきらめている女性もいるのかも。子どもができたら、ますます難しくなるかもしれませんね。

結婚しても自分の部屋やスペースがほしい、と考える女性は、パーセンテージ以上に多いかもしれないですね。ただ住宅事情から考えても、自分だけの個室を確保するのはかなり難しいのが現実です。家の中でささやかな自分だけのスペースを作ったり、自分1人になれる時間を作るのが、一番現実的かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数179件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]