お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
美人食

おブス肌を改善! 女子が食べている「美肌メニュー」3つ

肌を美しく保つため、外側からのお手入れだけではダメというのは、女性なら誰でも知っているもの。美肌のためには内面から必要な栄養を補給してあげることが大事ですよね。そこで、今回は女性たちが実際に食べている美肌メニューをご紹介します。

■女性の味方、イソフラボンたっぷりの大豆製品

・「豆乳スープや温めた豆腐にショウガ昆布をかけたもの。体を温め、イソフラボンを取ることを心がけている」(30歳/通信/クリエイティブ職)

・「納豆。イソフラボンが入っているって聞いたから」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「大豆製品を取るように心がける。イソフラボンが女性ホルモンの代わりの働きをしてくれるから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

女性ホルモンの代わりをしてくれると言われるイソフラボンがたっぷり含まれた大豆製品を、積極的に取り入れている人も。調理に大豆を使うだけでなく、豆乳や納豆なら簡単に食事にプラスできるので、忙しい女性にもぴったりですね。

■繊維やビタミンが豊富な野菜入りメニュー

・「かぼちゃ。肌がきれいな先輩が、大のかぼちゃ好きで、調べてみたら、かぼちゃが肌にいいと書いてあり、料理のバリエーションも豊富だから」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「鶏肉のトマト煮。野菜と豆をたっぷり入れてビタミン・ミネラルを豊富にし、鶏肉のコラーゲンをいただく」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「野菜。サラダや煮物、炒めものなどあらゆる方法で。ビタミンがとれて肌にいいから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

外食が続くと不足しがちな野菜も美肌のためには欠かせないものですよね。食物繊維やビタミンの宝庫でもあり、サラダや煮物など調理方法のバリエーションも多いので、一日に数種類の野菜を組み合わせた一品だけでも取り入れるようにしたいものです。

■腸内環境もよくしてくれる美肌ドリンク

・「ほうれん草、グレープフルーツ、飲むヨーグルトをミキサーにかけている」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「アサイーソイスムージー。バナナとアサイーと豆乳をスムージーにしたもの」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

いろいろな野菜や果物とヨーグルトなどを混ぜ合わせた特製の美肌ドリンクを飲むという女性も。肌によさそうなものを組み合わせて、好みの味で作れるというのがよいですよね。

美肌のためには「これだけを食べる」というのではなく、バランスのいい食事の中に美肌をサポートするものをプラスするという方法が一番。栄養バランスのとれた食事は美肌と健康な体作りには欠かせないということですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]