お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

北海道のおいしい駅弁!5選

旅行に出掛けると、「駅弁」を食べるのが大きな楽しみの一つです。日本各地の名産品を使った駅弁は、旅情と相まってえも言われぬ味になりますよね。今回は、北海道の駅弁を紹介します! どれもおいしいですよ!

【【保存版】ほぼ全国「好きです。付き合ってください」を方言で言うと?―「好きだすけ、付き合ってけろ」(青森県)】

■『いかめし』

650円[税込み]

北海道の駅弁といえば、この「森のいかめし」を忘れるわけにはいきません。現在の株式会社いかめし阿部商店は、創業1903年(明治36年)の老舗で、「いかめし」が登場したのは1941年(昭和16年)。最初は森駅でのみの販売でしたが、今やそのうまさで人気が全国に広がり、各地の物産展でも常連になっています。

北海道に行ったらまず食べたくなる定番の駅弁といえるでしょう。

■『海鮮えぞ賞味』

1,000円[税込み]

北海道といえば、やはりおいしい海産物の宝庫! 北海道の海の幸を詰め込んだ駅弁を食べたい! と思う人が多いのではないでしょうか。『海鮮えぞ賞味』は、そんなニーズに応えてくれる駅弁です。カニ、イクラ、ウニが一気に味わえるので、ぜいたくな気分になれますよ。

北海道の駅弁の中でも高い人気を誇っています。

■『石狩鮭めし』

1,030円[税込み]

1923年(大正12年)の発売より、なんと91年間も愛され続けている、北海道駅弁界の超ロングセラー! 特製たれに漬け込んだサケのフレークをまぶした「サケめし」、その上にイクラを散らした、色鮮やかな駅弁です。

美しい見た目と、変わらない味が人気の秘密です。

■『やまべ鮭寿し』

600円[税込み]

最近は1,000円を超える駅弁が普通になってきましたが、小腹がすいたときにパパッとつまめる駅弁もいいものです。この『やまべ鮭寿し』はその代表選手といってもいいのではないでしょうか。サケのにぎりが3カン、ヤマベのにぎりが4カン入って、素朴ですが深い味わいにきっと満足できる駅弁です。

ビールにも合います!

■『活ホタテ・ホッキ バター焼き弁当』

980円[税込み]

ホタテが大好き! という人にはたまらない駅弁です。北海道名産の活ホタテ貝、活ホッキ貝を、鮮度の良い状態でむき身にし、バター焼きに仕上げました。香りも実に食欲をそそりますし、ご飯が進みます! コーン、山フキ、昆布が副菜で入っていますが、こちらも北海道産です! おっと、もちろんお米もそうです!

いかがでしたか? 北海道の駅弁はどれもおいしそうですね! ほかにも、最近復活した『ジンギスカンあったか弁当』(あっため機能付き)、リニューアルした『ひぐまの笹寿司』など、見逃せない駅弁はたくさんあります。

北海道に行ったら、駅弁屋さんで悩んでくださいね!

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]