お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

20~40代の未婚女性の「バレンタインデー」 チョコ購入場所は相手は問わず「デパート」「予算はほぼ同額」

贈る相手別 上:チョコレートを購入する場所 下:チョコレートの購入予算

ドゥ・ハウスは、同社のインターネットリサーチサービス『myアンケート』を利用し、2015年1月10日から1月14日の期間中に、20代~40代の未婚女性を対象に「バレンタインデー」に関するWEBアンケートを実施し、1,250人から有効回答を得た。

【2015年のバレンタインデー、「何もあげない派」女性も登場!】

同アンケートによると、2015年のバレンタインデーにチョコレートを贈る予定のある人は1,250人中654人の52.3%と半数強で、贈る相手は、1位「本命(49.2%)」、2位「家族(40.7%)」、3位「職場の同僚・上司(39.1%)」という結果になった。日本のバレンタインデーは『女性が本命に愛を伝える日』と言われるが、2015年のバレンタインデーはどんな日になりそうか聞いたところ、1位「何もない日(45.5%)」、2位「感謝の気持ちを伝える日(17.9%)」、3位「面倒な日(9.8%)」という結果になり、「意中(本命)の人に愛を伝える日」と回答した人は5.0%にとどまった。

購入場所については、贈る相手を問わず、「デパート」が半数以上を占め、2位、3位は贈る相手によるが、「専門店」か「スーパー」のどちらかという結果となった。「専門店」で購入すると回答した割合が一番多かったのは、「自分」へのチョコ(26.1%)だった。「スーパー」が購入場所の2位となったのは、「家族(26.7%)」「職場の同僚・上司(21.1%)」「取引先の人(38.9%)」で、より身近で値段も手ごろなスーパーで購入する予定の人が多い傾向となった。「本命」「家族」「自分」「女友達」「取引先の人」への予算で最も多かったのは、「1,000~1,999円」と同額となった。贈る相手別でみると、「2,000円~2,999円」の割合が高いのは「本命」と「自分」で、ともに2割以上だった。

過去のバレンタインデーにおいて意中の人に「告白したことがある」人は全体で21.0%で、年代別にみると、20代「16.4%」、30代「18.2%」、40代は「26.2%」と、年代が上がるほど割合が高くなり、40代に関しては4人に1人が告白の経験があることがわかった。2015年のバレンタインデーに「告白する予定」の人は全体で3.7%。年代別に見てみると、20代「7.2%」、30代「3.2%」、40代「2.4%」と年代が上がるほど割合が低い結果となった。

【バレンタインデーの嬉しかったエピソード】

「手作りのものを喜んでもらえた」「彼氏から花束をバレンタインでもらった時は驚いたけれど嬉しかった」「職場でそれほど親しくない人から友チョコを頂き、そこから仲良くなれた」「父がチョコレートをたくさんもらってきてくれた」など

【バレンタインデーの悲しかったエピソード】

「その場でチョコレートを投げ捨てられた」「好きな人の家にチョコレートを渡しに行ったら、本人が不在で家族に預ける羽目になった」「チョコレートを受け取ってもらえなかった」「買ったものだったが、相手からお腹を壊したと言われた」など

アンケートのうち「チョコレート(またはチョコレート菓子)」・・・「チョコレート」、「恋人または意中の人」・・・「本命」、「家族(親族)」・・・「家族」と表記。

(エボル)

お役立ち情報[PR]