お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 おでかけ全般

少しは主体性を持ってよ! 男性との旅行で「この人はないな」と思ったことはある?

短い期間とはいえ、衣食住をともにする旅行では、いつもは見えないその人の本当の姿が見えてくるもの。「時間にルーズ」「食べ方が汚い」「金銭感覚がおかしい」……など、男性に思わずガッカリ&うんざりした旅行エピソードについて、働く女子にアンケートで聞いてみました。

◆男性と旅行をして、「この人はないな」と思ったことはありますか?

「ある」と回答した人が27%、「ない」という人が73%という結果に。「ある」という人からは「自分勝手」「地図が読めない」という意見のほか、「ホテルの備品を全部持ち帰ろうとしていた」という彼の仰天行動エピソードも。旅行のときには男性の「行動力」と「思いやり」が試されるよう。一方で「なし、と思う行動をとる人とは旅行に行かない」という声も聞かれました。

回答者数:200(1年目=6.5%、2年目=3.5%、3年目=9.5%、4年目=6.5%、5年目=17.0%、6年目=13.5%、7年目=9.0%、8年目=10.5%、9年目=9.0%、10年目以上=15.0%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2014年12月にWebアンケート、22~34歳の働く女性]

Q. そう答えた理由や具体的なエピソードがあればお答えください。

■不測の事態に対応できない彼

・バスに乗り遅れてしまったとき、5分も待てば次が来るのにこの世の終わりかってくらい落ち込んで、持ち直せずにホテルに戻ったことがあると友だちが言っていて、その彼はないと思った。(その他/その他/9年目)
・彼のミスがあってけっこう大変だったけど、楽しい旅行にしたかったから「気にしないで」と言っていたのに、そのあとの道中ずっと「ごめん」ばかりで全然楽しめなかった。ミス気にするなら、その分楽しませてよ!(団体・公益法人・官公庁/技術職/2年目)

■目的地に着けない

・ゼミ旅行で幹事の男性が、地図も読めなきゃ道もまちがう人だった。(団体・公益法人・官公庁/事務系専門職/2年目)
・車で道をまちがえまくって予定より1時間遅れて到着し、予定していたイベントに参加できなかった。(医療・福祉/専門職/3年目)

■金銭感覚のちがいが発覚!

・すぐにタクシーを使う人。お金のムダだと思ったかな。(金融・証券/秘書・アシスタント職/5年目)
・どうも金銭感覚が合わなかった。(医療・福祉/専門職/5年目)

■思いやりがない

・あまり私のことを気遣ってくれなかったとき。(金属・鉄鋼・化学/技術職/3年目)
・運転をずっと私にさせる。(建設・土木/事務系専門職/5年目)

■セコイ男だということがわかった

・ホテルの備品を全部持ち帰ろうとしていた。(情報・IT/事務系専門職/5年目)
・ケチな人。(医療・福祉/事務系専門職/4年目)

(次ページ)「どうする?」ばっかり! まだまだ続くイライラエピソード

お役立ち情報[PR]