お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「九州パンケーキ カフェ」が台湾の台北に海外初進出! ミックス粉の販売もスタート

九州パンケーキカフェ全景

一平は2015年1月26日、中華民国(台湾)台北市に海外1号店となる「九州パンケーキ 台北富錦店」をオープンする。

【パンケーキは原宿で! 「みんなのパンケーキ部」投票のパンケーキ人気店ランキング2014のTOP5を独占】

九州パンケーキは、九州の安心・安全な素材で作った九州生まれの地産パンケーキ。

使用している素材は、大分県産小麦をはじめ、宮崎県綾町で農薬を使わず育てた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県産の古代米の黒米と赤米、鹿児島県で育てられたうるち米など。砂糖は沖縄と鹿児島のさとうきびを使用している。乳化剤・香料・加工でんぷんなどは一切使用していない。

今回、「九州パンケーキカフェ」の海外1号店として台北を選んだ理由について、同社では日本に訪れる台湾からの観光客が増えていることを挙げている。台湾人の「最も好きな国」「最も行きたい国」のランキングはいずれも「日本」で、日本の食文化に対する興味も大変高い。日本で定着した”パンケーキ”は、日本に親しみの深い台湾(台北)でも幅広い年齢層の人々に受け入れられるのではないかと予想しているという。

さらに同日から、台湾全土での「九州パンケーキミックス」シリーズの流通・販売も行う。「九州パンケーキカフェ」も5年で5店舗の展開を予定している。

■店舗概要

店舗名:九州パンケーキカフェ 台北富錦店
オープン日時:2015年1月26日11:00
所在地:中華民国(台湾)台北市松山區富錦街413号
営業時刻:月~金9:30~21:00、土/日/祝9:30~21:00

(エボル)

お役立ち情報[PR]