お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

これもバス旅の醍醐味!?夜行バスでめぐり合った「びっくり!」な人々

さまざまな人が乗り合わせる夜行バスでは、「え?」と思わずびっくりしてしまうような行動をとる人にもめぐり合ってしまうものです。
今回は、そんな「びっくり!」な人を目撃した、体験談をご紹介します!

【利用した旅行サイトの上位2位は「楽天トラベル」、「じゃらんnet」!-マイボイスコム調べ】

●女の涙は演技!?

龍平さん(24歳)が、弘前駅から東京行きの夜行バスに乗ったときのことです。乗車前のターミナルで、遠距離恋愛らしきカップルが別れを惜しんでいるのが見えました。
東京に帰る彼女は、彼と離れるのが嫌なのか、号泣に近い状態。それを彼は必死で慰めていたそうです。
いよいよ乗車時間になり、龍平さんはバスに乗りました。例のカップルの彼女は、龍平さんの真横の席です。窓越しに彼に手を振り、泣いていた彼女が豹変したのは、バスが出発して1分も経たないときでした。その女性はハンカチで涙を拭くと、あっさりと泣き止んでしまいました。

そして冷静な表情で、スマホでゲームをやり始めたそうです。「あの涙は、演技だったんでしょうか?」と龍平さんは今でも不思議に思っているそうです。

●男が女に大変身!?

広島発東京行きの夜行バスの中で、浩介さん(30歳)の席の隣には、中年の男性が乗っていました。見た目は普通のサラリーマンだったので、特に気も留めず、バスが消灯となり、眠りにつきました。
朝になり、浩介さんが目覚めると、横の席には中年男性がいません。ロングヘアーでピチピチのボディコンスーツを着た女性が座っていたのです。「こんな人、車内にいたかな?」と浩介さんが思った瞬間、その女性がこちらを見たのです。

「その女性は、最初に乗っていた中年男性が、女装した姿だったんです…」(浩介さん)
どうやら男性が、バスの中で女装をしていたようなのです。浩介さんは驚きのあまり、目を背けるのも忘れ、その女装姿に釘付けになってしまったそうです。

●バスでワインをたしなむおじさん

東京に旅行に来た悠美さん(28歳)が、地元の岐阜へ帰るために、夜行バスに乗ったときのことです。斜め前の席に、派手な格好をしたおじさんが座っていました。
バスが発車すると、そのおじさんは突然、バッグの中から大きな瓶を取り出しました。それは…何とワインだったのです。ワインオープナーでコルクを取り、プラカップでワインを飲み始めたおじさん。「飲むときにいちいち、香りを確かめているんですよ。夜行バスの中なのに」と悠美さんは笑っていました。
そのおじさんは、1人でワイン1本を開けると、大きないびきをかいて、眠ってしまったそうです…。

世の中にはいろんな人がいるものですねぇ…。今回ご紹介したような、ちょっとびっくりな人たちとめぐり合うのも、バス旅の醍醐味といえるのかな?

お役立ち情報[PR]