お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【イラストコラム】こんなはずじゃなかった……残念すぎる鍋パーティ

MARI MARI MARCH/OFFICE-SANGA

お鍋のおいしい季節。寒い外から帰ってきて晩ごはんがお鍋だったときの幸せったらないですよね。お家で鍋パーティも冬ならではのたのしいイベントですが、準備不足で思わぬ展開になってしまうことも……。

こんなはずじゃなかった……残念すぎる鍋パーティ

こんなはずじゃなかった……残念すぎる鍋パーティ

■具が残念

具が残念なのはかなしすぎる……。春雨とコンソメって、それは鍋ではなく「春雨スープ」だろうと。お肉がないのもさみしいですね。

闇鍋はやったことないのでよくわからないのですが、食べられるものを入れるんですよね? おもしろい具ってなんだろう? ガムとか?

■準備不足

卓上コンロがなくて結局ガスコンロで煮るのは、わりとあるあるですよね。わたしも何度か体験したことがあります。卓上コンロがないだけで、かなりの「鍋感」が失われてしまうんですよね……。そして「卓上コンロがない」と「鍋敷き代わりの週刊誌」はほぼセット。

でも、なんか残念だけど、結局なんかたのしい、それが鍋! な気がします。

卓上コンロがないのも、お金がなくて具がすくないのも、食器がなくて紙皿なのも、若いうちだからって感じがしてなんだかいとおしいです。

そしてやっぱりお鍋はひとりより何人かで食べたいもの。鍋パーティ開催しようかな。卓上コンロを買わなきゃだな。

文・イラスト MARI MARI MARCH(マリマリマーチ)/OFFICE-SANGA

※この記事は『こんなはずじゃなかった……残念すぎる鍋パーティ「具が春雨だけ」「立て膝で食べて筋肉痛に」』を再構成しています。

お役立ち情報[PR]