お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

もっとやさしくしてよ……。そっけない女友だちに落ち込んだ瞬間5選「LINEの返信が異常に遅かった」

ファナティック

女友だちとの仲は、難しいことも多いもの。仲がいいときは最高ですが……いったん微妙な関係に陥ると、修復するのは難しい! なんてこともありますよね。あなたには、女友だちにそっけなくされて落ち込んでしまった経験はありますか? 女子たちの経験を聞きました。

Q.女友だちからのそっけない態度に、少し落ち込んだという経験はありますか?

ある……15.4%
ない……84.6%

あると答えた女子は15.4%でした。それぞれのエピソードも教えていただきました。

■返信がない!

・「久々にメールをして返ってこなかったときは、その程度にしか思われてなかったんだと落ち込む」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「LINEの返信が異常に遅かった。3日以上とか」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

メールの返信について、気にする意見が目立ちました。返信がないと確かに落ち込みますが、忙しい大人同士のこと。「そんなこともある」と余裕を持って受け止めてみては?

■テンションがちがう

・「一緒に遊んでいるときや会ったときのテンションが自分とまったくちがうこと。自分が思うほど相手は楽しそうじゃないと気づくと落ち込む」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「こっちの話を全然聞いてくれない。『それがどうしたの?』みたいな反応されると少し落ち込む。自分ってどうでもいい人間だと思われているのかって」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

自分は一生懸命に話しているのに、友だちがどこか上の空だとしたら……「あれ!?」と思ってしまいますよね。友だちには友だちの事情があるのかもしれません。「なにかあったの?」と聞き役に回ってみるのもいいかもしれませんよ?

■予定って……

・「ご飯に誘ったら、来月の予定があってからまた連絡すると言われた。私とのご飯は先に入れるべき予定に入らないんだなと思って落ち込んだ」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「女友だちに彼が出来たら、デート優先になって少し落ち込んだ」(30歳/医療・福祉/専門職)

どの予定を優先させるのかは、人それぞれです。価値観がちがうと、こんな思いをすることもあるよう。逆の立場で考えると、少々重苦しく感じてしまうかも……?

■思いやりがほしい

・「風邪をひいたと伝えた所、『うつさないでな』と言われたことです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

それが本音だったとしても、せめて「大丈夫?」と口にしてほしいです! 仲がいいからこそ言えるのでしょうが、最低限の気づかいは必要ですよね。

■誤解です

・「人間として好きという意味で『◎◎ちゃん、好き』と言ったら『レズじゃないから』と即答されたとき。こちらもその気はなかったのに」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「誤解です!」と言いたいところですが、誤解されるのも無理はない一言だったのかも……? 「尊敬できる」「○○がステキ」など、別の言葉に置き換えたほうがよさそうです。

女友だちとの仲は、ときに恋人以上に繊細だったりします。そして、異性への気づかいがいらない分、何気ない一言に傷つけられてしまう場合も……。お互いへの気づかいを大切にすることで、より確かな「女の友情」を手に入れられるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数234件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]