お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

オトコは意外と繊細なんです! プライドを傷つけられた勘弁な女性の言動・3選

泣く男性女性の気持ちが男性にわかってもらえないように、女性たちの何気ないひと言が男性にグサッと突き刺さって傷つけてしまうことは少なくないよう。今回のアンケートでは、女性たちの言動にプライドを傷つけられた男性のエピソードを集めてみました。

■要領が悪い!

・「『大体要領が悪いのよ!』と叫ばれたときは、とても傷つきました」(31歳/自動車関連/営業職)
・「頭がまわらないと言われた」(28歳/金融・証券/営業職)
・「ばかなどの悪口を言われたとき」(27歳/情報・IT/技術職)

他人から「頭が悪い」とか「要領が悪い」と言われて傷つかない人はいなさそう。もし、言いたくなったとしても言葉は選んだ方が良さそうですね。

■コンプレックスを指摘された

・「痩せているねといわれたこと」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「モテると思うけど、私は顔はタイプではないといわれた」(28歳/自動車関連/事務系専門職)
・「髪薄いよ」(28歳/自動車関連/技術職)

自分でも気づいていてコンプレックスに感じている容姿などをズバリ言われるとかなり傷つきますよね。体型のことはもちろん、男性たちには深刻な問題でもある頭髪のことは気付いていてもスルーしてあげるのが優しさと言えそうです。

■上から目線

・「『あなたはそれくらいも知らないの?』と、どこかの国で有名な作家のことを話された」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「落ち込んでいるときに『情けないね』と言われて傷ついた」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「『意外とモテるんだね』と言われたとき」(32歳/食品・飲料/営業職)

「意外とモテるんだね」という言葉って、その裏には「何であなたがモテるの?」という気持ちが見えてしまうので傷つくんでしょうね。自分の知らないことを指摘されたりするのもちょっと上から目線で言われているような嫌な気分になるのかもしれません。

イラッとしたときなどには、相手の気持ちを考えずに言葉を発してしまうこともありますが「もし、自分が言われたら」ということを考えてみることは忘れてはダメですよね。特に男性に対しては、プライドを傷つけるような言葉は禁句。時には立ち直れないほどのショックを与えてしまうこともあるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数74件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]