お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

これで家のWifiネットワークが速くなる。簡単チェック10

Wifiネットワークは、実はとても物理的な信号で、壁や他の電子機器の影響によって遮断されたり散らばってしまうそうです。

【ニューヨーク、世界最大級のWifiネットワークの誕生へ】

そこで、家の中でWifiネットワークが遅い時、簡単に出来るチェックをVOXが紹介しています。

1 ルーターを家の中心に置く
ルーターからは全方向にシグナルが飛んでいます。窓際や部屋の隅に置くとシグナルの無駄になります。

2 ルーターを地面から離す
シグナルがアンテナよりやや下方向に飛ぶことと、シグナルが床に含まれていることがある金属、コンクリート、セメントなどの素材を透過しにくいことから、ルーターをテーブルや本棚の上に置くことを専門家が勧めています。

3 ルーターをインターネットを頻繁に使う部屋に置く
ルーターを置いた場所周辺のシグナルが最も強くなります。

4 ルーターを出来るだけ外に出す
クローゼットの中にルーターを隠したり、大きな家具の間や壁の間にルーターを置くとシグナルが届きにくくなります。

5 ルーターを他の電子機器から離す
電子レンジ、テレビ、コードレス電話など、電磁信号を出したりモーターを使っているものは何でもWifiシグナルに影響します。また大きな金属(鏡やファイリングキャビネット)と水もシグナルを遮断してしまうので避けましょう。

6 アンテナを垂直に立てる
ルーターの信号は、アンテナに対して垂直の方向に広がります。すなわち垂直に立てられたアンテナは、水平にシグナルを飛ばすことが出来るため、より広い範囲をカバーします。(狭い範囲でも上の階や下の階にシグナルを飛ばしたい時には、アンテナを水平にすると効果が出ます)

7 シグナルの強さを測る
Wifiシグナルを測るアプリを使うと、家の中に飛ぶシグナルの強弱が確認できます。それを元にルーターの位置を調整します。

8 ルーターをコンフィグする(環境設定をする)
通常、ウェブブラウザにIPアドレスを入れることで環境設定が出来ます。(ルーターの底や、ルーターの商標名を検索すれば、おそらく分かります)

そこでルーターのチャンネルを確認します。1、6、11チャンネルがベストとされていますので、その中で最も接続状態がよいチャンネルにつなぎます。

9 プロバイダ側に問題がないか確認する
プロバイダのウェブサイトなどを使って回線速度を確認しましょう。そして自分が契約しているプランのスピードを確認してみてください。もし、プランよりもずっと遅い回線速度だったらルーターに問題がありそうです。契約プラン通りの速度で遅いと感じる場合は、プランのアップグレードを考えたほうがよいかもしれません。

10 以上の全てをやってもダメなら、新しい機材を買う
Wifi技術の向上は日進月歩です。そのため、古いルーターを使っている場合は、新しく買い替えることによって劇的に改善する場合があります。

いかがでしょうか?

ちょっとしたことで家の中のwifiネットワークが改善できるかもしれません。
試してみてください。

10 simple tips for making your home wifi network faster
http://www.vox.com/2014/12/31/7471309/wifi-faster

お役立ち情報[PR]