お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

好きな人にメールを送る際に、意識しているマナーは?

好きな人にメールをするときは、誰だってドキドキするもの。他の人に送るメールより、色々と気を遣うことも多いですよね。そこで今回は、働く女性の皆さんに、好きな人にメールする際に意識しているマナーについて聞きました。

【彼との仲を深めるメール、引き裂くメール】

■送る時間帯に気をつける

・「休憩時間や仕事前や終わった後など、読める時間、返事を出来る時間などを考えて送る」(27歳/小売店/事務系専門職)

・「深夜とか忙しそうなときには送らない」(24歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「送る時刻は22時までにする。あまり遅いのは失礼かと思うので」(30歳/医療・福祉/専門職)

メールを送る時間帯を意識している女性は、かなり多いよう。特に、睡眠の邪魔をしないようにと、夜間を避けるという回答が目立ちました。やっぱり好きな人には迷惑をかけたくないですし、「非常識な女」と思われたらイヤですもんね。

■独りよがりなメールを送らない

・「長文は送らない。読むのがめんどくさいと思われたくないので」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「無意味な内容は送らない。自分のことを報告するだけのメールはしない」(21歳/食品・飲料/その他)

・「一日に何度も送り過ぎない」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「相手の返信のペースや文面の長さに合わせる」(25歳/学校・教育関連/専門職)

送り手が言いたい内容を一方的に送りつけるような、独りよがりなメールは、誰だってもらって嬉しいものではありません。受け取り手の気持ちに配慮するのも、大人の女性として、気をつけたいマナーの1つですよね。

■思いやりを忘れない

・「『お疲れさま』とか何か一言添える」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「『ありがとう』などの言葉を大事にする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分のことばかりでなく、相手を気遣うメッセージも入れること」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

好きな人からウザいと思われないように、できるだけ無駄を省き、要件を短くまとめたメールを送ろうとする人も多いはず。でも、相手への気遣いや思いやりを示す内容まで削ってしまうと、冷たい印象を与える可能性も……。

他にも、「ネガティブなことは書かない」「かたすぎず、ラフすぎず」など、様々な意見が寄せられました。やっぱり、好きな人へ送るメールには、皆さん特別な思い入れがあるようですね!

※『マイナビウーマン』にて2014年10月5日~13日にWebアンケート。有効回答数308件(働く女性)

お役立ち情報[PR]