お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ミルクティ、紫芋、バジルトマトなど40種以上!自然素材を使った話題のカラフルポップコーン「パロミータス」を食べてみた!

パロミータス アールグレイミルクティー味

2013年頃から一大ブームを巻き起こしているポップコーン。米国発のメーカーが多いようだが、なかには日本生まれのポップコーンもある。オリープポップコーンの「パロミータス」もそのひとつ。ポップコーン人気のなか「独特の食感で特に美味しい!」、「とにかく種類が多くて楽しい!」といった周囲の噂を聞き、何種類か入手して試食してみた。

【東京でもシラス丼が食べられる!ランチがお得な魚屋ダイニング、神田淡路町「小田原 魚國」】

●さっくり軽い口当たりと本格的すぎる香り
フレーバーは、甘い「スイーツ」と、甘くない「グルメ」の2カテゴリーに分かれていて、季節限定商品も入れると全部で40種以上。色とりどりのポップコーンがずらりと店頭に並ぶ様は圧巻だ。

今回は、通販サイトの人気ランキング1位の「アールグレイミルクティー味」(540円)と同2位の「紫芋のスイートポテト味」(540円)をチョイスした。大きめの粒はしっかりコーティングに覆われていて、けっこう甘そうに見える。

まず「アールグレイ」から試食。口に入れると、途端にふわーっと紅茶の香りが広がる。紅茶味のお菓子にありがちな「紅茶風」ではなく、ちょっとほろ苦さも漂う本格的な茶葉の香りである。食感は、外側はカリッサクッ、内側はふんわり。

そして味だが、意外にも甘くない。甘さをおさえた風味豊かな大人のスイーツという感じだ。「紫芋」もまた、お芋のほっこり感まで伝わってくる素朴で自然な風味が秀逸。

製造元の株式会社オリーブポップコーンによると、「仕上げにクセのないオリーブオイルを使うことで、軽い食感にしています。各フレーバーの風味や香りは、茶葉や珈琲豆など良質な自然素材をふんだんに使用して作り出しています」(広報担当)とのこと。

美味しさの秘密は、素材へのこだわりと丁寧な製法にあるようだ。

現在、浅草工場店、プランタン銀座店などの各店舗や、オンラインショップで購入可。上記のほか、子どもには「いちごミルク」(540円)が、大人には、お酒にも合う「バジルトマト」(432円)や「ゆず胡椒」(432円)が好評だとか。

フレーバーによって風味がまったく違うので、家族や友達同士でいろいろ試して楽しみたい。

【店舗データ】
店名:オリーブポップコーン プランタン銀座店
※ほかにラシック福岡天神店もあり
所在地:東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座 本館B2F
営業時間:11:00~21:00(日曜は20:00まで)
定休日:不定休
HP:http://www.olive-popcorn.co.jp/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・セレブ プレミアムボトル(3種ミックス)1,080円

お役立ち情報[PR]