お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

仕事上のストレスと上手に付き合う方法♪

疲労やうつ、自信喪失といった症状は、責任重大な仕事や仕事量が多く十分な余暇をとれないといった仕事上のストレスからくることが多いといわれています。また、業種や役職にかかわらず、仕事している人であればどんな人でも陥りやすいものでもあります。

【ストレス発散&解消法、教えて!】

そこで、これらを回避する方法や上手につきあう方法を紹介します。

●マインドフルネス瞑想をする。呼吸に意識を集中させるマインドフルネス瞑想は自分でストレスをコントロールするために役立ちます。とくに、先のことではなく今にフォーカスするため余計なストレスを排除できます。

一日5分から10分程度の瞑想を日課にしてみましょう。
●植物に触れる。科学的データでも緑が多い環境にいる人や植物を育てている人は体もリラックス状態にあり、幸福感を感じることが多いことがわかっています。

●笑う。歌う。よく笑い、よく歌う人はポジティブな人が多いという実験結果が出ています。Pharrell WilliamsのHappyを聴きながら鼻歌を歌ってみてください。きっと気持ちが明るくなるでしょう。

●健康的な食生活を。野菜や果物を多くとり、手作りの食事を心がけましょう。過剰なアルコールや喫煙も注意です。

●日常的に体を動かす。毎日30分程度の運動をするのが理想的といわれています。ヨガや筋力トレーニングもストレス回避や発散に役立ちます。

●質の良い睡眠をとる。一日の疲れをとり、頭をすっきりさせ活動的な明日のためにも睡眠は大切です。寝る前は読書や静かな音楽を聴くなどして12時前には寝るようにしましょう。

●自分のための時間をつくる。仕事で忙しいと自分自身の心身状態にかまわなくなりがちです。日記をつけたり趣味の時間をもうけたりなど、自分にかまう時間を作りましょう。

●リラックスできる人と一緒に過ごす時間を持つ。家族、友達、恋人など気負いなくいられる人と過ごすことで自分らしさを取り戻せます。仕事をしているからこそプライベートな時間も大切にしましょう。

参考:
Stress, burn-out : comment s’en protger ?
http://sante.journaldesfemmes.com/addictions-psychiatrie/stress-burn-out-comment-s-en-proteger/

お役立ち情報[PR]