お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

洗ってないでしょ! 男性が思わずドン引きした「女性の寝室」4選

仲よくなってくると、男性を部屋に招き入れる機会がありますよね。掃除や片付けなど、女性としては気を遣ったつもりでも、男性の中には思わずガッカリしてしまったという人もいるようです。今回は、男性に「思わずドン引きした女性の寝室」について聞いてみました。

■少女趣味な寝室

・「ピンクで統一されていた」(38歳/情報・IT/技術職)

・「ベッドの上がぬいぐるみで覆い尽くされていたのは子どもっぽくてドン引きした」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「キャラクター物がたくさん」(28歳/医療・福祉/専門職)

夢見る少女のような雰囲気がダメというわけではないけれど、あまりにも子どもっぽい面を見せられると、恋愛対象とは思えなくなる男性もいるようです。

■散らかり放題!

・「服が散乱していてドン引き」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「下着が散乱している。整理整頓ができない人間は信頼できない」(31歳/商社・卸/営業職)

・「洗濯物を干しっぱなしだったとき」(27歳/建設・土木/技術職)

ゴミの山よりはマシかもしれませんが、服が散乱していると泥棒に入られたあとのよう。男性を家に上げるときに散らかったままなのはナシでしょう。

■布団に問題がある

・「シーツが明らかに汚れていて、掃除ができていない」(22歳/機械・精密機器/営業職)

・「布団の裏にカビ!」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ずっと干していない煎餅布団でやや湿っていた」(29歳/医療・福祉/専門職)

シーツを洗濯していなかったり、布団を干していないという女性もいるのでは? かわいい彼女の布団をチェックした彼に、不衛生だと思われると残念ですよね。

■枕まわりに難あり?

・「枕の下がものすごく汚れていて、不潔だと感じた」(35歳/情報・IT/技術職)

・「枕まわりが毛だらけ、掃除していないのかと思わせるぐらい汚い」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「枕にシミがある」(38歳/情報・IT/営業職)

とにかく枕が汚くてガッカリしたという男性も。毎日髪に触れて汚れが目立つところなので、たまにはカバーを洗ったり交換するよう、心がけましょう。

いかがでしたか? 思い当たる節がある女性も多いのではないでしょうか。せっかく気になる男性を部屋に呼んだのに、おかしなところで印象をダウンさせないよう、普段から清潔な空間をキープしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年11月にWebアンケート。有効回答数114件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]