お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッサージ後にだるくなるのは何なの?

肩こりや腰痛など、体の不調を感じた時にカイロプラクティックの治療院で施術を受けたことのある人もいるかと思います。特にはじめて施術を経験した人に多いのは、施術後のだるさや眠気です。人によっては、仕事の昼休みに施術を受けて、その後にものすごく眠くなってしまい、仕事をするのがつらかった。そのまま眠りたかった、という人もいます。

施術後にだるさや眠気が出る場合、個人差があり、心地良い眠気の人もいれば、だるくて何もする気になれない、というケースもあります。これは心配な現象ではなく、通常1~2日で感じることはなくなる「好転反応」と呼ばれるものです。

肩こりや腰痛を始め、頭痛や背中の張り感など、様々な体の不調を感じる時、交感神経が優位に働いていることが多く、体の緊張が続いている可能性があります。施術によって交感神経と副交感神経のバランスが調整されると、続いていた緊張状態が解放され、リラックスするように促されます。

そのため、眠気やだるさを感じたりすることがあります。体の調子が整っていく過程で起こることですが、毎回の施術後に起こるというわけではありません。多くの場合は、施術の回数を重ね、体の状態が改善されていくと、眠気やだるさを感じることはなくなります。

緊張やストレス状態の強い人がリラックスした際に、眠気やだるさが強く感じられて、「施術で悪くされた?」と心配になることもあるようです。

初回の施術後にあまりにも怠くてつらかった、という人は、2回目の施術の際に担当のカイロプラクターにその旨を伝えておきましょう。刺激量を調整することで、眠気やだるさの反応を軽くできる場合があります。

例えば、1週間もこれまでにない不快な痛みが続いている、といった場合は、好転反応とは別のものである可能性が高いので、この場合も担当のカイロプラクターへ早めに知らせましょう。

著者プロフィール

檜垣 暁子(ひがき あきこ)。オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/51/ カイロプラクティック理学士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛をはじめとする不調を訴える患者さんの診療に当たっている。

(文:檜垣暁子、構成:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.08.17)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※この記事は2014年11月30日に公開されたものです

SHARE