お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれるメーク

「つけまつ毛」を上手につけられない女子は88.4%「つけたけど、デートの最後までついてなかった」

女子の目を大きく魅力的に演出してくれる人気メークアイテムと言えば「つけまつ毛」です。ロングタイプや部分用など、さまざまなタイプがありますよね。ぜひ上手に使いこなしたいものですが……想像以上に難しい!? つけまつ毛は上手につけられるのか、働く女子に聞きました。

Q.あなたは、つけまつ毛をうまくつけることができますか?

できる……11.6%
できない……88.4%

できない女子が約9割と圧倒的に多い結果に。それぞれの理由もチェックしてみましょう。

<うまくつけられる女子の意見>

■練習あるのみ!

・「10年以上つけまつ毛なので慣れました。でも、たまにうまくいかなくてイライラしたりします。左右対称ってちょっと難しい」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「雑誌や動画を見てもまったくできなかったので、つけまつ毛をつけるためのメイクレッスンを受けたらできるようになった」(27歳/機械・精密機器/技術職)

とにかく練習して、テクを習得した! という女子が目立ちました。強い情熱を持って努力することが大切だと言えそうです。自己流でうまくいかないときは、レッスンに行くのも上達への近道ですね!

■コツを身につけた

・「目の幅に合わせていれば、たいていキレイにつけられると思う。あとは、変に毛が長いやつにしなければ……」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ピンセットを使えば、うまくつけられる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

つけまつ毛を上手につけるコツがこちらです。一旦コツさえつかめば、いつもキレイにつけられそうですね。

では反対に、できない女子の理由、そして失敗エピソードとは?

<うまくつけられない女子の意見>

■諦めています……

・「自分じゃどうしてもキレイにつけられず、途中ではがれたりすることが多いので使わなくなりました」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「きっとうまくできないだろうな……と思ってしまい、チャレンジできていない」(31歳/不動産/事務系専門職)

上手にできないから、諦めている……という女子が多いようです。うまく使えたら、自分をかわいく演出する味方になる可能性があるのに……諦めるのはもったいないかも!?

■「浮き」まつ毛!?

・「のりでしっかりつけたはずのつけまつ毛が、片方だけ取れた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「つけたけどデートの最後までついてなかった」(30歳/学校・教育関連/専門職)

つけまつ毛の失敗あるあるですね。どれだけ完璧なメークでも、まつ毛が浮いていたら台なしです。

■大ダメージ!

・「目が小さいのに無理をしてボリュームのある長めのつけまつ毛(安いもの)をつけたら、重くて目が開けづらく重さに耐えきれなくなって、自分の本物のまつ毛が抜けて、つけまつ毛も落ちてしまったこと」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「左右対称にならない。つけまつ毛をつけることで二重にしているんだけど、右目はキレイに二重になるのに、左目はならないときのほうが多くて困る」(24歳/小売店/クリエイティブ職)

・「つけまつ毛を上手につけられず、彼から怖いと言われた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

つけまつ毛がきっかけで、手痛いダメージを受けた女子も。彼に怖いと言われてしまったら……ショックですよね。

目力アップには欠かせないつけまつ毛ですが、多くの女子が「苦手」と感じていることがわかりました。うまくつけられたら、目力アップの協力なお助けグッズになるはずですよね。この機会に、雑誌や動画、メークレッスンなどをチェックして、つけまつ毛を攻略してみては? これからのパーティシーズンにも重宝しそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]