お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【特別編】私にも当てはまる!? 追い込み女子「もり子」の恋愛観をインタビュー!

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

LINE Creators Market(クリエイターズマーケット)でダウンロード数累計19万を超え、LINEスタンプで3週間連続1位を記録したクリエイターの森もり子さん。新刊『もっと私にかまってよ!』(マイナビ刊)でも、なかなか返事をくれない恋人を追い詰めてしまう、ウザいけれど、どこか憎めない「もり子」の暴走ぶりがたっぷり描かれています。そんなもり子の恋愛観について、森もり子さんに語ってもらいました!

■「もり子」が追い込み女子になったワケ

――新刊には、「もり子」が重すぎる手紙やメールを送っちゃったエピソードがありましたね。実は私も経験アリで……。どうして送っちゃうんでしょうね。

森さん「どんなに好きでも、恋人に会っているときも常に好き、好きって言っているかというとそういうわけではないんです。重い手紙やメールは、深夜に書くことが多いですね。ひとりでいると無性に会いたくなるし、『好き』って言いたくなって実際にやってしまうんです。寂しさが好きという気持ちを増幅させて、そうさせるんだと思います」

出典:『もっと私にかまってよ!』(森もり子、マイナビ)

――本当に恋愛一直線ですね。

森さん「恋愛をしているときが一番幸せなんです。でも、恋人と会わない時間に自分磨きをがんばったりはしない。この本のなかでももり子は、恋人に会えない日はものすごく手抜きして会社に行って、恋人から連絡があって焦ったりしちゃう。そこが人間らしいといった感想も寄せられますね」

<続きを読む>重くて何が悪いの?

お役立ち情報[PR]