お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実はこだわりがあった! 合コンで本命とそうでない女子に教える連絡先のちがいとは?

本命とそうでない相手では対応の仕方が異なる、つい線引きをしてしまうといった男性は多いのではないでしょうか。特に、初対面となる合コンでは、その傾向が強くなるようです。そこで、今回は社会人男性に、合コンで本命に渡す連絡先と、そうでない相手に渡す連絡先についてアンケート調査を実施してみました。

Q.合コンのあとの連絡先交換、本命の相手に対してはどの連絡先を教えていますか?

・1位 「携帯電話」……38.3%
・2位 「メール」……35.8%
・3位 「LINE」……19.2%
※4位以下省略

本命には携帯電話の電話番号を教える男性が多いようです。では本命以外はどうなるのでしょうか。

Q.合コンのあとの連絡先交換、本命ではない相手に対してはどの連絡先を教えていますか?

・1位 「メール」……28.3%
・2位 「LINE」……24.2%
・3位 「携帯電話」……16.7%
※4位以下省略

本命以外の場合、メールやラインを教える男性が多いようでした。では、その理由とは

<本命に教える場合>

■1位 「携帯電話」

・「電話は直接お話ができる貴重な時間だから。メールアドレスは、すぐに返信する必要もないので」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「直接とネットを介して線引き」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「本命は連絡を取り続けたい」(27歳/情報・IT/技術職)

大本命の場合、とにかく携帯電話の連絡先をゲットしたくて、自分の番号を教えるという男性が多いようです。まさに本命ならではですね。

■2位 「メール」

・「LINEはどうでもいい相手に教える。メールはプライベートだから教えたくない」(32歳/金融・証券/専門職)
・「本命の方だと、話せない(勇気がいる)ので、メール」(27歳/情報・IT/技術職)
・「あまり使っていないメールアドレスがあるので、本命になりそうならそれを教える。占有に近い形で使ってもらう」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

まずはメールアドレスの交換からといった男性も多いようです。LINEでなくメールアドレスというところに、男性の本気度が垣間見えるような気がしますね。

<本命以外に教える場合>

■1位「メール」

・「悪用されるのが怖いという理由と、メールなら拒否するか否かの判断も楽なので」(31歳/商社・卸/営業職)
・「メールなら適当にあしらえるが、電話だとそうもいかないので」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「本命でなくても紹介などの可能性もあるから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

返事を出すのも出さないのも自由だからといった理由で、メールアドレスを教えるといった方が多いようでした。

■2位 「LINE」

・「誰でも見られる、にしていて、適当なことしか書き込みしないから」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「LINEは軽いので、誰とでも交換できる。携帯番号は、どうしても電話して話したいときに必要なので」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「本命以外には教える必要性もないと思うので」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

最近では公共の連絡ツールとして利用されることの多いLINE。本命以外は全部LINEという男性もいるようです。

本命の相手ほど密に連絡を取りたいという思いから、携帯電話の番号を教えるといった男性が多かったようです。こういった結果を見ると、合コンなどに出かけた場合、教えてくれた連絡先によって、相手の男性の本気度を知ることができるかもしれませんね。相手から携帯電話の番号を教えられたら、男性の本気度はかなり高いと言えるかも?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10にWebアンケート。有効回答数120件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]