お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

効果てきめん! 女子がこっそり実践する「男を落とす悩殺テクニック」5つ

狙っている男性をガッチリつかまえたいときに「男を落とす悩殺テクニック」があればなあ、なんて思ったことありませんか? そこで働く女子に実際にやってみて「効果アリ!」と感じた、悩殺テクを聞いてみました。気になる男性がいるなら要チェック!

■王道テク! チラ見せ&ボディタッチ

・「ちょっとした仕草が実は効果的。目の前で足を組み替えるとか、屈んで胸の谷間を見せるとか、あるいは転んで足を見せるとか、よろっとフラついたフリして寄りかかって見るとか」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「胸元のちょっと開いた服を着ているときに、必要以上に近寄って太ももに触るのが一番手っ取り早いです」(25歳/不動産/事務系専門職)

手っ取り早く男心をつかみたいなら、こんな王道の悩殺テクが効果的。お互いに気があるのに、なかなか一歩踏み込んできてくれない男性に使えば効果てきめんかも!?

■さりげなく見上げてみる! 上目遣い

・「身長が低いので見上げることになる。そのときの上目遣いはわざとではないが、けっこう効果的なようである」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ちょっと露骨な悩殺テクに抵抗があるなら、こんなさりげない悩殺テクはいかが? 上目遣いは男性をクラクラさせる、さりげない悩殺テクです。

■ストレートに! 2人だと楽しいことを伝える

・「ストレートなくらいメールで、『一緒にいて楽しい』とか『ずっと一緒に入れたらいいのに』と、好きだってことをアピールする」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「飲み会のあと、『すごく楽しかったです。2人で会うのはだめですかぁ?』とすぐメールする!!」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

こんなふうにストレートに好意をアピールするのもいいみたい。2人だと楽しいことを伝えれば、男性もデートに誘いやすいかも。

■保護欲求を満たす! ドジッ子アピール

・「わざと要領が悪いフリをして、食事をするときなどにお酒を注ごうとしてこぼし、相手にやってもらう。年上の人だと『仕方がないなぁ』という思いから、かわいいと思ってもらえるような気がします」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

男性には思わず女子を守ってあげたくなる、保護欲求というものがあるのだとか。そんな男性心理を攻めることができるのが、こんな悩殺テク。男性に「俺が守ってやらなきゃ」と思わせられたら、恋はすぐそこかも!

■征服欲を満たす! “あなただけ”作戦

・「悩みごとや相談ごとなどを、『あなただけに』という感じで話すこと」(27歳/機械・精密機器/技術職)

女性に対して征服欲が強いのも男性の特徴。「あなただけ」「特別」という印象を与えられれば、彼にとっての気になる存在にグンと近づけそう。

気になっている男性がなかなかこっちを振り向いてくれないなら、こんな悩殺テクを試してみてはいかがでしょうか? 案外、すぐ手元に恋を引き寄せられるかもしれませんよ。あなたは、どの悩殺テクが一番効果的だと思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数251件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]